GET'S PICK UP

GET'S・ARTIST PICK UP No.76〜藤澤ノリマサさん〜

【2019年4月7日発行:GET'S 106号掲載】

スクリーンショット 2019-03-29 14.20.32



デビュー10周年イヤーも「コンサートツアー2019〜威風堂々〜」の最終日である2019年4月30日で終わりを迎えますね。なおかつ、その日で平成が終わることを、前回の取材にて感慨深く語られておりました。その取材から半年経った今の、来し方行く末に馳せる想いを教えて下さい。

平成に生き、平成という時代で培った経験、思い出はとても計り知れない財産となりました。
一つの時代を締めくくると共に新たなる時代とまた進むべき道をしっかりと歩いて行きたいです。
そして11年目の藤澤ノリマサを皆様の目で確かめていただきたいです。

ひとつの時代の節目でもある2019年、その4分の1が終わりました。2019年の目標の何パーセントを達成されたと感じていますか?また、残りを達成する為の意気込み宣言などもあれば是非お願いします!

25%でしょうか?(笑)
今年は作品を作ったりコンサートツアーを久しぶりに開催できてたりと充実した日々を送っています。
この調子で1つ1つを大切に目標を達成していきたいです。

ポップオペラ名曲アルバムで数々のカバー曲を我々の耳に届けて下さいましたが、実はこの曲も歌いたい・聴いてほしい!と考えていらっしゃる『意外な曲』はありますか?

今回は1980年代の楽曲を主に収録していますが、1990年・2000年代の楽曲も今後シリーズ化できたら面白いかな?と思います。

東京はすでに春の便りの季節ですが、北海道は桜が待ち遠しい季節です。藤澤さんが楽しみにしている春の風物詩と言えば何ですか?

お花見!! 卒業式!

この雑誌が発行されるのは2019年4月7日、北海道の藤澤ノリマサさんサポーターの皆様が、道新ホールでのツアー凱旋を心待ちにしていらっしゃる時期です。コンサートに向けて、あるいは、これからの目標に向けて、皆様へお届けする暖かいメッセージをお願い致します!

北海道の札幌で生まれて36年!!
札幌で18歳まで過ごし今は東京で暮らして18年が経ちました。
自分が育った札幌で凱旋コンサートをすることができるのは嬉しい反面、照れ臭い部分もあります。
同級生が来てくれたり、先生方、近所の方が来てくれたり。
でもそんな故郷でのコンサートは格別です!!
どうぞ皆さん僕と一緒に盛り上がりましょう。
会場でお待ちしています。

GET'S・ARTIST PICK UP No.75〜島爺さん〜

【2019年3月7日発行:GET'S 105号掲載】

a105



『三途ノ川』は大人気曲ありアニメ曲あり更には新曲まであり!の「おもちゃ箱をひっくり返した様な」豪華アルバムですが、ここはあえて…新曲「サンズリバーリバイブ」「アヴァターラ」の「歌い終わった(収録し終えた)直後の島爺さんの率直な感想」を聞かせて下さい。

書き下ろし楽曲というものの重みを感じました。過去に書いていただいた曲もそうですが、「島爺」自体やアルバムのことを思いながら作ってくださっているので、普段の「歌ってみた」とはもう一段階違う力が加わっているなぁ、と。
「作品群」ではなく「アルバムという1つの作品」に出来たのは書き下ろし楽曲の力が大きかったと感じています。

アルバム『三途ノ川』収録「爆釣ソウル」は、「ゴマウェイ」に続くナナホシ管弦楽団さんとのアニメテーマ曲ですが、ゴマウェイとのあまりのギャップに思わず唸ってしまいました。やはり歌うときのテンションも楽曲ひとつひとつで違ってたり、または意図的に変えたりしているのでしょうか?

「意図的に変えている」と言うよりは「自然と変わってしまう」の方が正確かと思います。ニュースキャスターのかたがスポーツニュースを読む時と訃報を伝える時で声色が変わるのと似たようなものかと思っています。

島爺さんがライブ以外で実際に「これは三途の川渡りかけたわ!」とヒヤッとした経験はありますか?あれば教えてください!誰かに話すと厄落としになると言いますし…

子供の頃「フルスピードの自転車に乗りながら足で鍵を抜く」というアホなことを実行した経験があります。
どうなったのか正確には把握できてませんが、とりあえず僕は軽く吹っ飛びましたし自転車のホイールもグニャーン!なってました。

GET'Sの取材も4回目となりましたが、逆に、島爺さんが「北海道の人に聞いてみたいこと」はあったりしますか?

そうですねぇ…「北海道民として誇りに思っていること」でしょうか。推しポイントを聞いてみたいです。
あ、飯が美味いのはもう重々承知しておりますので出来ればそれ以外で!
(「道外の人にはあまり知られていない美味いもん」なら可です)

この雑誌が出るのは3月7日、全国ツアーで北海道にいらっしゃる3月28日を心待ちにしているファンの皆様=お孫さん達がそわそわしている時期です。是非、お孫さん達にライブに向けてのメッセージをお願いします!

北海道の方は毎回「あれ?地元かな…?」と思うほど温かく迎えてくださるので、今回もライブが決定してとても嬉しいです。ありがとうございます。
みんなでまたどんちゃん騒ぎしましょう!お待ちしております♪

GET'S・ARTIST PICK UP No.74〜TEAM SHACHI〜

【2019年2月7日発行:GET'S 104号掲載】

a104

愛知県出身のパワフルアイドルグループ「チームしゃちほこ」が、2018年10月23日に「TEAM SHACHI」と改名。「super tough strong energy positive exciting soul from nagoya」をスローガンに掲げ、TEAM SHACHIの快進撃がここから始まる。
2月13日にリリースするミニアルバム『TEAM SHACHI』は、まさにそのリスタートにふさわしいエナジーあふれる1枚!!

秋本 帆華…ほのか
咲良 菜緒…なお
大黒 柚姫…ゆずき
坂本 遥奈…ハル 

恒例の名古屋城カウントダウンライブ、お疲れさまでした!実はステージ裏ではこんなことが起こっていた!という秘密の裏話はありますか?
 
ほのか:
ライブが始まるまで、一般のお客さんに混ざって屋台を堪能しました!それと、ステージに上がって1曲目の立ち位置に着いたらトラブルで2曲目の曲が流れてしまったこと!
 
なお:
ライブ前にメンバーみんなで年越しそばを食べたり、名古屋城に出てたフードカーにみんなで並んでご飯食べたり和気あいあいしてました。ボイストレーナーの先生からはお年玉ってことでそれぞれのメンバーにあった帽子のプレゼントがありました。
 
ゆずき:
秘密ではないんですが、寒いから楽屋にこもってみんなで年越しそば食べたり、スタッフさんも交えて人狼ゲームしたりして遊んでました(笑)
 
ハル:
みんなで仲良く年越しそばを食べた!
私は年齢的に去年初めて参加したんですが、年越しそばを食べようと思って忘れていて結局食べられなかったんです。今年は絶対食べよう!!って決めていて。スタッフさんにどん兵衛をたくさん買ってきてもらって、メンバーでお湯を入れて仲良く食べました^_^ 安心して年が越せました!
 
新たなスタートを切った「TEAM SHACHI」としてのデビューミニアルバムの、ここに注目してほしいッ!!というポイントを教えて下さい!
 
ほのか:
『ROSE FIGHTERS』という曲は私が初めて作詞に挑戦した曲です。現状に満足せず、目の前の困難に目をそらさないで戦う女性(私たち)を薔薇に例えて書きました。メンバーカラーの花言葉を入れた2回目のラップは歌詞にも注目して聴いてほしいです!
 
なお:
TEAM SHACHIになってからブラス民が加わってブラスの音が目立つ楽曲が増えました。あとはラウドでポップな楽曲になってます。『ROSE FIGHTERS』のように強い女性を歌った歌からメンバー紹介曲のようなコミカルな歌まで入ってるので聴いていて楽しいと思います♪
 
ゆずき:
ミニアルバムも『TEAM SHACHI』とチーム名と同じ名前のタイトルになっているんです。初めてリリースするCDなので私たちの自己紹介的な一枚になると思います。しかも新曲がたくさん入っていて、どの曲もメンバーが作詞やプロデュースをした曲なんです!そういう新しいことにも挑戦していて、4形態ともこれから頑張っていきたい私たちの意思がたっぷり詰まったアルバムになってます!
 
ハル:
TEAM SHACHIに改名後はライブでホーン隊(ブラス民と呼んでます)を6人チームに迎えて、さらにパワーアップしたライブをお見せします!このミニアルバムでもブラス民の音がものすごく魅力的な所がポイントです!!そして、メンバーが作詞した曲も入っているので、全て歌詞に注目して欲しいです!
 
盛りだくさんのライブにイベント、そして何より「TEAM SHACHI 1st TOUR」が控えている2019年、「しゃちとしての」そして「個人としての」目標を教えて下さい。
 
ほのか:
グループとしては、知名度アップ!
去年の10月にチームしゃちほこからTEAM SHACHIへ改名したので、まずはチームしゃちほこの時以上にこのグループ名の認知度を上げたいです!個人としては、最近始めたSwitchのスマブラで兄に勝つこと。ゲームキューブの時から兄には全然勝てなくて…今年中に3回連続で勝ちたいです。
 
なお:
TEAM SHACHIの名を2019年ばっと広めてタフ民(ファンの名称)が全国で大量発生してほしいです。個人としては、TEAM SHACHIになってから、作詞をメンバーがしたりしてるので、日常で気になったこととかをメモする習慣をつけると良いのかなぁって思ってるので、有言実行できるように頑張ります。あとはやっぱりいろんなアーティストさんの歌を聴いてライブを見て吸収したいですね。
今年TEAM SHACHIがどこまでいけるかが勝負だと思ってるので、個人も結局TEAM SHACHIに繋がるところになっちゃいますね。
 
ゆずき:
TEAM SHACHIとしての目標は、もう一度満員の武道館ライブをやりたい!
2014年の時は満員の武道館だったんです。しかし2016年の武道館ライブは、沢山のファンの方が駆けつけてくれたんですが、満員には程遠くて悔しい結果になってしまったんです。私たちの最終的な大きな夢が「名古屋で有名になって、ナゴヤドームでワンマンライブをすること」なんですけど、そこに近づくためには、まず満員の武道館ライブを成功させて名古屋に恥じないようなグループになって、堂々とナゴヤドームという大きなステージに立ちたいんです。なので今年は満員の武道館ライブを成功させたい!個人の目標は、もっと人に優しくなりたい!
 
ハル:
2019年は「チームしゃちほこが改名したこと」「そして新しくTEAM SHACHIになったこと」をより多くの皆さんに知ってもらえる年になればいいなと思います。名前が変わったことで知名度も1からとなるので、チームしゃちほこって名前最近聞かなくなったよねーとか言われるのではなく、チームしゃちほこから改名したTEAM SHACHIってすごくいい!!って、しゃちほこ時代を知らない皆さんにも言ってもらえたら嬉しいです♪
個人的には20歳を迎えて成人の歳になるので、大人になった証を貰えた気分です。まだまだだけれど、自立した女性の大人になりたいなって思います♪
 
北海道のしゃちファンこと「タフ民」へ『冬を乗り切る元気が出るメッセージ!』をお願いします!
 
ほのか:
北海道って凄く寒いですよね。でも、TEAM SHACHIの曲を聴けば自然と体が動いちゃうかも♪2月13日に発売するミニアルバムに収録されている曲は前向きでストレートな曲がたくさん入ってます!
また北海道に行ってライブしたいな!それまで待っててね〜(´▽`)!
 
なお:
北海道のタフ民のみんなー!!!こっからが冬が本気の寒さ見せつけてくると思うけど『ROSE FIGHTERS』聴いて燃えて寒さなんかぶっ飛ばしてね!
 
ゆずき:
北海道大好き♡絶対また北海道でライブするから待っててください!
そして北海道からは少し遠いけど、たまには名古屋までTEAMSHACHIを見に来てほしいな♪待ってるよー!
 
ハル:
ハルは北海道への思い入れがものすごく強くて、家族で初めて飛行機に乗って旅行に行った場所なんです!そんな思い入れの強い北海道!名古屋と同じく美味しいものが本当にたくさんあって、魅力的で、大好きです!!TEAM SHACHIとしてライブもたくさん行きたい!って思ってるので、北海道のみなさん!これからも応援よろしくお願いします!!今年もものすごく寒いので、タフ民のみんなはタフなことたくさんしてこの寒い冬を乗り切ってね!まずは毎日腹筋30回から!(笑)

GET'S・ARTIST PICK UP No.73〜鍵盤男子〜

【2019年1月7日発行:GET'S 103号掲載】

a103


舞台「海の上のピアニスト」(2018年12月公演)お疲れさまでした!いつものライブとは違う『舞台の上』での音楽を奏でられた・音楽監督をつとめられたことによる、お気持ちの動きみたいなものがありましたら教えてください!

中村:大井健、元宝塚星組トップスター北翔海莉さん、劇団新派の喜多村緑郎さんによる「ピアノ×宝塚×演劇」という夢の共演に、楽曲を制作する時から期待に満ち溢れていました。名作映画「海の上のピアニスト」がすでに存在し、越えなくてはいけない壁はいくつもありましたが、3人の素晴らしい演者により、見事に乗り越えられた舞台であったと思います。自分の書いた曲を弾く大井の演奏に泣かされ私はとても幸せでした(ポッ)。そして札幌でも公演したいと強く思いました。

大井:最初にマネージャーさんから「センジョウのピアニスト」の舞台に興味はあるかと持ちかけられ、二つ返事をしたのち台本が届くと「海の上のピアニスト」でした笑。「戦場の〜」も「海の上の〜」もどちらも大好きな作品ですからどちらでも嬉しかったですよ。さらに今年のソロツアーで弾いていましたから不思議な縁を感じました。作曲家には勿論、相方を推薦!ですから正に鍵盤男子で作った音楽舞台といえますね。
宝塚、歌舞伎、ピアニストという三者三様のプロが集う稀有な舞台で、稽古から非常に刺激的でした。同時に共通点も沢山見つかったり。素晴らしいお二人と同じ舞台に立ったという自信が一番の財産です。もう怖いものはありません。

2018年はライブでとにかく飛び回っておられた鍵盤男子のお二人でしたが、数あるライブの中で特に印象に残っているエピソード(あるいはハプニング)などがありましたら、お聞かせください。

中村:一番の思い出は、札幌hitaruでのイベントコンサートからの札幌Kitara大ホール公演のはしごです。どちらとも大入公演、「イチモニ!」でオクラホマ藤尾さんとの共演もありとても楽しかったです。きっとツアー前期札幌公演日の夜、すすきので思いきり足をくじき、翌日車椅子でホテルの朝食を食べたという苦い経験が、かわいそうにと、この素晴らしいご縁を呼んでくれたのかもしれません。

大井:生まれて初めて野外フェスに出させてもらったときのことです。フェスはロックの聖地、クラシック系アーティストの出る幕はないと思っていたので、それはもう生卵を投げ付けられる覚悟で出演しましたよ。僕らの前はDJ、後にはラッパー、締めは漫才!決死の形相でラヴェルの「ボレロ」を弾きだしたんです。すると最初は斜に構えていたオーディエンスが、徐々にリズムに乗り出し、最後には「ウォー!!」と大盛り上がり。嬉しくて涙が出ました。音楽にジャンルの垣根はないんです。この経験は忘れません。アーティストとオーディエンスは音楽で分かり合えるんです。ちなみにその夜は夜更けまでDJさんと踊り明かしましたよ。

2018年は札幌でも素晴らしいライブを奏でていただけて、嬉しかったです。鍵盤男子のお二人が思う、札幌の魅力とは何でしょうか?

中村:鹿児島出身の私にとってはまず「寒い、積雪、美しく鋭い空気、美味しい食べ物」、そして「暖かい人々、熱い歓声」です。札幌の物件情報をチェックするほど札幌大好きです。

大井:都会と自然が美しく融合しているところです。普段は東京に住んでいるのですが、札幌は都会の真ん中でも本当に空気が綺麗。大通り沿いの公園のベンチで読書したり、大好きなラーメン屋やジンギスカンのお店に行ったり。行きたいこと、したいことが多すぎていつも時間が足りないんです。少し車や電車に乗れば大自然を楽しめる大都会なんて、僕が知る限り札幌だけです。

『未来型アーティスト』鍵盤男子の2019年の目標・抱負・密かな野望などがありましたら、是非お聞かせください!

中村:2019年は「さらに」や「もっと」といった進化はもちろん、新しい様々な手法によって「視覚・嗅覚・触覚」を揺さ振るような音楽を展開していきます。
そして密やかな野望は、密やかに遂行いたしますのでお楽しみに!

大井:個人的には来年も沢山の音楽を聴くこと。リスナーの視点は大事だと思います。もともと超クラシックオタクな自分ですが、来年はジャンルを問わない真の音楽オタクになるつもりです。
あとは、アコースティックピアノに拘らずあらゆる鍵盤を弾いてみたい。シンセもチェンバロも鍵盤楽器ですからね。その名の通り、「鍵盤男子」な一年にします!

次の北海道ライブを心待ちにしている『鍵盤同士』に、熱いメッセージをお願い致します!

中村:北海道の皆さま!!2018年ご一緒できてとても楽しかったです!2019年も一緒にワイワイ盛り上がり、新しい感覚を共有しましょう!新しい鍵盤男子をお楽しみに!!

大井:鍵盤男子を応援していただきありがとうございます!みなさんの声、沢山届いてます。期待したくなるようなユニットであり続けるよう、爆進します!コンサート会場で思い切り歌って踊って、ストレス発散しに来てください!

GET'S・ARTIST PICK UP No.72〜The Winking Owl〜

【2018年12月7日発行:GET'S 102号掲載】

a102

ルーマニアと日本のハーフのボーカリストLuizaと、US夏の祭典Warped Tourに出演経験があるギタリストYomaを中心として、2010年群馬県高崎市にて結成したエモ / ポスト・ハードコア通過型エモーショナル・ロックの新星バンド。
フレッシュな疾走感と浮遊感を両立させたドリーミーかつパワフルなサウンド、さらにプログラミングを挿入することにより、抜群のセンスとオリジナリティを確立。
今まさに花開く、ブレイク必至! 欧米とアジアのDNAが交わる、ピュアで神秘的なその"ハイブリッドかつ独自な世界観"と"普遍性を兼ね備えた確固たる楽曲の力"で今後シーンに新たな風を吹き込む存在として要注目!

2018.11.07 Release
Now On Sale

The Winking Owl_Try_S

Try

WPCL-12977
¥1,200(税込)

M1. Try
M2. Night&Day
M3. Dream Sailor


11月7日にリリースされたニューシングル『Try』の、「ここに注目してほしい!」というポイントをお聞かせください。

3曲それぞれ違った表情があり新しいことに挑戦しながらも自分たちらしさもしっかり出せた作品になったと思ってます!
歌のメロディを大事にしながらも細かいギターフレーズやアレンジ面にもこだわったのでその辺りも注目して聴いてほしいです。

The Winking Owlというバンド名の由来は、何でしょうか?

僕がふくろうが好きでつけました(笑)結成当時にバンド名を考えていたときその時持っていたTシャツにウインクしているふくろうが描いてあってこれにしよう!っていうことで決まりました。

「君の中で眠ってる野心を形に」させてくれる曲である『Try』を歌われている、The Winking Owlの皆さんご自身の「眠ってる野心」は何ですか?

自分たちにしか出せないサウンドをもっと追求して自分たちにもリスナーにとっても新鮮でかっこいい音楽を常に届けていきたいです。

The Winking Owlとしては2016年にJOIN ALIVEの出演で北海道にいらっしゃったのが「初北海道」でしょうか?そのときの率直な感想を聞かせてください。

JOIN ALIVE最高に楽しかったです! 北海道のフェスは初めてで他のフェスとは言葉で表すのは難しいけど違う雰囲気がありました、北海道のお客さんも暖かく迎えてくれて嬉しかったです。また戻ってきたいです!

次に北海道にいらっしゃる機会があるならば、何をしたいですか?食べたいものや行きたい場所などがありましたら教えてください!

海鮮が大好きなので北海道に行くときはすごくテンションが上がります!
特にウニが大好きなのでウニをいっぱい食べたいです(笑)

2018年ももうすぐ終わり…2018年にやり残してしまったこと、2019年の目標あるいは野望を教えてください。

Tryをリリースできたので2019年はこの作品と一緒にThe Winking Owlをもっと広められるように精力的に活動していきたいです。
あと2019年は部屋の片付けをめんどくさがらずにすぐできるようになりたいです(笑)

北海道のThe Winking Owlファンの皆さんに、メッセージをお願いします!

北海道のみなさん、いつも応援ありがとうございます!!
北海道に来てくださいっていうメッセージもけっこういただいてすごく嬉しいです、2019年は絶対行けるようにするのでまたライブで会いましょう!
GET'S

フリーペーパーGET'S札幌版

北海道は札幌で地域に密着したフリーペーパーを発行している「GET'S」と申します。ショップ・イベント・アミューズメントなどをたくさん皆様にお届けできたら…と頑張り中です☆「GET'S」は毎月7日発行。札幌市内や近郊都市の設置店様にて配布しております。見かけたら是非お手に取ってご覧くださいませ!

QRコード
QRコード
ギャラリー
  • GET'S・ARTIST PICK UP No.76〜藤澤ノリマサさん〜
  • GET'S・ARTIST PICK UP No.75〜島爺さん〜
  • GET'S・ARTIST PICK UP No.74〜TEAM SHACHI〜
  • GET'S・ARTIST PICK UP No.73〜鍵盤男子〜
  • GET'S・ARTIST PICK UP No.72〜The Winking Owl〜
  • GET'S・ARTIST PICK UP No.72〜The Winking Owl〜
  • GET'S・ARTIST PICK UP No.71〜Sonar Pocket〜
  • GET'S・ARTIST PICK UP No.70〜COLOR CREATION〜
  • GET'S・ARTIST PICK UP No.69〜藤澤ノリマサさん〜
Twitter プロフィール
通称「ゲッツの中の人」による、ちょいつぶやき頻度少なめな公式アカウントです。オタク話が多めです。
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ