GET'S PICK UP

GET'S・ARTIST PICK UP No.66〜尾崎由香さん〜

【2018年6月7日発行:GET'S 96号掲載】

【アーティスト写真】尾崎由香

昨年大ヒットしたアニメ『けものフレンズ』のサーバル役で脚光を浴びる。愛称「おざぴゅあ」。
テレビアニメ『少年アシベ GO! GO! ゴマちゃん』(NHK Eテレ)オープニングテーマ曲「LET'S GO JUMP☆」(レッツ ゴー ジャンプ)を担当。
とても爽やかな元気弾けるPOPな楽曲。
表題作を収録したシングルが、8月1日にリリース決定。
「尾崎由香」としての初のソロ歌唱シングルとなる。 

2018.08.01 Release
LET'S GO JUMP☆

【LET'S GO JUMP☆】尾崎由香-1
■初回限定盤(CD+DVD)
品番:WPZL-31482/3 価格:¥2,000+税
特典:撮り下ろしアナザージャケット3種ランダム封入(全10種)
【CD】
 1.LET'S GO JUMP☆
 2.僕のタイムマシン
 3.LET'S GO JUMP☆ inst
 4. 僕のタイムマシン inst
【DVD】
 1.LET'S GO JUMP☆ MV
 2.LET'S GO JUMP☆ メイキング

【LET'S GO JUMP☆】尾崎由香
■通常盤(CD) 
品番:WPCL-12911 価格:¥1,300+税
特典:オリジナルステッカー封入
【CD】
 1.LET'S GO JUMP☆
 2.ハートビート・サイレン
 3.LET'S GO JUMP☆ inst
 4.ハートビート・サイレン inst 

スペシャルサイトはこちら 
 

5月15日にお誕生日を迎えた尾崎さん、おめでとうございます!新たに歳をひとつ重ねた率直な感想をお聞かせください。

一年早いなと感じました!年を重ねると感じるのは、もっと責任感を持たないとなって思います!今年は、25歳と20代折り返しの年なので悔いのないよう毎日大切にして行きたいです!

初のソロ曲「LET’S GO JUMP☆」が、アニメ「少年アシベ GO!GO!ゴマちゃん」のオープニングテーマ曲に決まったときに発した「最初のひと声」は何でしたか?

「ありがとうございます!頑張ります!」
心の声(心はJUMPしてました!『えー!!やったー!!!ゴマちゃんに会える!』)

「少年アシベGO!GO!ゴマちゃん」のキャラクターはみんな可愛いですが、その中でも特にお気に入りのキャラは誰ですか?

本当に選べないです!個性的で魅力的なキャラクターが沢山いるので、毎回推しが変わるくらい!
今回演じさせて頂いたルリコちゃんは、我が子のように愛くるしいです♪♪

『北海道』と聞いて連想する動物を、3種類挙げてください!

しろくま、きつね、トナカイ
合ってますか?( ;  ; )

一番好きなものはアイスクリームという尾崎さんですが、食べてみたい北海道のアイスなどはありますか?

雪印パーラーのアイス!

北海道の「おざぴゅあ」ファンの皆様に、熱いエールをお願いします!

北海道の皆さん、是非LET’S GO JUMP☆で夏を走り出して下さいね♪
この夏楽しくなること間違い無しです(^-^)!

GET'S・ARTIST PICK UP No.65〜鍵盤男子〜

【2018年5月7日発行:GET'S 95号掲載】
a95

繊細かつダイナミックな音楽を奏でるピアニスト、大井健(おおいたけし)。 
あらゆるジャンルの音楽を自在に表現する作曲家、中村匡宏(なかむらくにひろ)。 
新しい時代の到来を告げる“作曲家とピアニスト”のふたりが新感覚ピアノデュオ『鍵盤男子』を結成。
超絶技巧を駆使した高速連弾や観客と一体となるコンサートが人気を呼び、今、クラシックホール、ライヴハウスを中心に女性層から圧倒的な支持を得ている。 
2017年11月29日、ワーナーミュージックジャパンよりアルバム『The future of piano』でメジャーデビュー。


札幌kitaraホールでのライブ、お疲れさまでした!この誌面で初めて『鍵盤男子』に触れる読者の方へ、簡単に自己紹介をお願い致します。
 
中村:鍵盤男子の帽子と眼鏡の方です。鍵盤男子はピアニストと作曲家によるクラシック畑から生まれた「超絶技巧ジャンルレスピアノユニット」。クラシックなのに激しいオリジナル楽曲があったり、ロックカヴァーなのにフォーマルだったり、一流クラシックホールでタオル振り回してみんなで盛り上がったり、とにかくなんでも楽しいことはしてしまおうという未来型アーティストユニット!といっても未来型アーティストなので来年は違う感じになっているかも!
 
大井:帰国子女ピアニストの大井健です!日本でソロピアニストと鍵盤男子の二刀流で活動してます!
 
ファンの方々のリクエストにより生まれた『鍵盤男子』のお二人ですが、お互いの「出会ったときの第一印象」と、今現在のお互いへの感じ方を教えてください。
 
中村:相方の出演しているコンサートを観に行ったのが初めての出会いだったかと思います。とにかくかっこいいなぁと思っていて、客席で、あの人の隣でピアノ弾くのかぁ、どんな感じになっていけば良いのかなぁ、と普通に将来設計を行っていました。今でも変わらずですが、当時より今の方が、音楽に対する夢や希望なんていうものは爆発的に膨れ上がっていますね。
 
大井:今のカラフルな雰囲気と全く違い、リクルートスーツに身を包んだとても真面目な好青年!のイメージでした。今はオシャレで頼もしい双子のような存在です。
 
まさに「1台のピアノでの連弾」が唯一無二のお二人ですが、プライベートでも「息ぴったりだなぁ」と実感したエピソードなどがありましたら教えてください。
 
中村:新宿をふらふら歩いていたら、ばったり会ったことありますね(信じられない確率)。あと大学生のころビリヤードしに行ったら同じお店でビリヤードしてました(信じられない確率)。あと話すことといったら、ヘッドフォンもタブレットもスチームアイロンもお揃いということですかね。
 
大井:新宿で買い物をしていたらバッタリ!会ったときはビックリしましたね。
 
中村さんの趣味はゲームとのことですが、大井さんはゲームをされることはありますか?
 
大井:しますよ!!中村とゲーム機やソフトを大人買いしたなあ。ちなみに僕は海外のゲームが好きです。
 
中村:大井さんはピアノに対してストイックなのは知っているのですが、ゲームに対してもきっと同じでしょうね…私はゲーム大好きで沢山色々なものしますが、ハードモードやトロフィー制覇なんてことはしません。
 
今、いちばんアレンジしたい曲は何ですか?
 
中村:自分達の曲をアレンジしてみたいですね。なかなかそういう機会はないので。他のアーティストでしたら、シェーンベルクとかリゲティとか、20世紀以降のクラシック作曲家の曲ですね。
 
大井:津軽海峡冬景色!
 
曲を作ったりアレンジするにあたり、「これがないと始まらない」というようなものはありますか?
 
中村:音楽でも、絵画でも、食べ物でも、景色でも、ゲームでもなんでもいいのですが、やはり感動することを体験しないと、何かを作ろうという気持ちにすらなりませんね。ですので私は仕事部屋に沢山ゲームを置いていますし、食事や、食器などにはただならぬこだわりもつようにしています。
 
大井:ピアノがあればすぐにモードに入れます。大事なのは睡眠をちゃんと取っておくことですかね。笑
 
音楽関連以外での、今後チャレンジしてみたいことなどがありましたら、教えてください。
 
中村:深海か宇宙の勉強です。
 
大井:本格的なキャンプと登山!火を起こしてBBQとかしたいです。
 
北海道の『鍵盤男子』ファンの皆様へ、メッセージをお願い致します。
 
中村:鹿児島出身の私にとって北海道は、雪が降ってる、大きい、都会、かっこいい車(除雪車)が走ってる、食べ物が美味しい、と夢のような場所であり毎回とても楽しみにしております。
そして次回、鍵盤男子は、10月12日に、kitara大ホールにもってきます! 
素晴らしいホールで!みんなで!大盛り上がりしましょう!
 
大井:昔から沢山応援してくれる方も、最近知ってくれた方も、応援ありがとうございます!また札幌に帰ってくるので盛り上がりましょう!これからもどうぞよろしくお願いします!

2018秋ツアー決定!
10月12日(金)
開場18:00/開演18:30
札幌コンサートホールKitara 大ホール 

GET'S・ARTIST PICK UP No.64〜BRADIO〜

【2018年4月7日発行:GET'S 94号掲載】

a94


真行寺貴秋 = 真
大山聡一 = 大
酒井亮輔 = 酒


まずは、「BRADIO」の存在をまだ知らない方のために、軽くで構いませんので、「自分たちはこういうグループである!」というPRをお願い致します。
 
真:「音楽って素晴らしい」をみんなと一緒に浴びたいバンドです。ファンキーでソウルフルなバイヴスを感じてもらえると思います。
 
大:ファンキーでハッピー、ファンピーな音楽を届けてます。音楽で楽しくなりたい時、気持ちを高揚させたい時にはもってこいなバンドです!
 
酒:唯一無二である!
 
メジャー2ndシングル『きらめきDancin'』の、「BRADIO初心者への正しいたしなみかた」を教えてください!
 
真:R&Bは腰からって言いますから、まずはクイックイッと腰を軽くくねらすだけで後は素敵ミュージック『きらめきDancin'』がパーティの深いとこへ連れてってくれる仕組みになってますよ!
 
大:『きらめきDancin'』は、聴いてくれた貴方の身体の中の水分が沸騰するようなサウンドに仕上がっています!
どんなシチュエーションでも楽しめる楽曲ですが、大きい音で聴けば聴く程楽しくなると思うので、周りに迷惑がかからない環境があれば是非大音量で楽しんでみてください。
あと1番楽しい、たしなみかたはCDを聴いた後にライブで生演奏を楽しむ事です!
 
酒:シチュエーションは問わず、とにかく気分を上げたい時に!
 
ニコニコ動画やゲーム界隈などのいわゆるサブカルチャー界でも大人気のBRADIOの皆さんなのですが、皆さんが今一番アツいと思うサブカルチャー界の出来事があれば教えてください。
 
真:レコード。物理的手間ってのがとにかくかかることに魅力を感じます。
 
大:最近はFate Grand Orderのアプリゲームにハマってて、移動中はだいたいこれです。
 
酒:はまっているのは海外ドラマと『キングダム』(漫画)です。
 
メンバー皆さんのお互いの第一印象を教えて下さい。
 
真:そーいち:男前だなぁ。真面目そう。
りょーすけ:男前だなぁ。バーテンやってそう。
 
大:貴秋→見た目は今と全然違いましたが、最初に会った時から、どこか枠に収まらないオーラをまとってましたね。ある意味近づきにくい感じでした。髪型アフロにしてキャチーさが増していい感じです!
亮輔→小学校から一緒で幼過ぎてあまり初対面の記憶がありませんが、昔から何があっても打たれ強い印象です。さすがリーダー!
 
酒:真行寺→寡黙で内なるマグマを燃やしている人。
大山→いきなり馴れ馴れしいやつだなと思った。
 
「北海道」と聞いたら、何を想像されますか?
 
真:セイコーマート。ラッキーピエロ。ムートンブーツ。
 
大:人の暖かさですね。これまで何度も訪れてますが、出逢う人、出逢う人、皆あったかくて嬉しくなります。
 
酒:ウェルカム体勢の北海道の人たちと美味しい食べ物!
 
北海道のBRADIOファン…つまりFPP(Funky Party People)の皆さんに、メッセージをお願いします!
 
真:いつもハートがとろけるようなアツイ応援ありがとう!鳴らしたい音楽、みんなとつくりたい景色を想像しながら北海道目指しています。お互いのソウルを交わしましょう!
 
大:いつもファンキーな応援ありがとうございます!今年も出来る限り皆さんと音楽を楽しめる時間を作っていきたいと思ってるので、北海道に訪れた時は是非BRADIOを浴びに来て下さいね!
 
酒:最近なかなか行けていないですが北海道のみんなの爆発力は肌で覚えてます。また一緒に弾けようぜ!!

GET'S・ARTIST PICK UP No.63〜チームしゃちほこ〜

【2018年3月7日発行:GET'S 93号掲載】

a93

(インタビュー:伊藤千由李)


まずは、(取材スタッフの)個人的に気になったところから…新曲『JAMP MAN』(の読み方)、なんで「ジャンプ・マン」じゃなくて「メ〜ン」なんですか(笑)

「ジャンプ・マン」よりもなんかキャッチーでかっこよくしよう!ということで、ジャンプメ〜ンになりました(笑)
(JUMP MANという言葉は)『幸せの使者』っていう意味で、1回聞くとすぐに口ずさめるような曲になってます。

キャラクターというかイメージも、なんか疾走感があってすごい聞き易い曲だなーと。♪ジャンプメン、ジャンプメン…って。

あーそうです!(笑)ありがとうございます!

通常盤と限定盤とで、入ってる曲が違うんですよね(詳細リンク)

はい、4種類あります。そのうち2種類はブルーレイがついてます。初回限定盤Bには、去年行われた『野郎NIGHT』っていうみんなが男装するライブと、『乙女祭り』っていうみんなが女装するライブ。数量生産限定盤には『しゃちサマ2017』全編…いろんなライブがブルーレイになってます。

1曲ずつ、聴き所や思い入れなどを教えてください。

『JAMP MAN』(ジャンプメ〜ン)は、すぐに聞いただけで口ずさめるというところが私はいちばん気に入っていて…やっぱサビが一番好きかな?♪ジャンプメン、ジャンプメンって歌ってるところが好きです。(曲の中に)『君なのかもね』っていう歌詞があるんですけど、幸せの使者ジャンプメンをみんなで探してほしいなと思うので、私たちがジャンプメンになれるようにがんばりたいなって思ってます。
『カラカラ』は片想いの女の子のモヤモヤした気持ちを歌ってる曲で、歌詞に注目してほしいです。結構モヤモヤしてます(笑)

ポップというか、バラードの中でもポップ的な、ちょっと切ない感じのメロディですよね。思春期世代の女の子を持つお母さん世代にも、懐かしい感じで刺さる気がします。

お母さんと一緒に聞いたらいいかもしれませんね(笑)この曲は、しゃちほこの中の『むらさきパープル(仮)』ゆずきちゃんがすごいたくさん歌っていて…もう『ゆずき曲』なんですよ!ゆずきちゃんの切ない感じの声がすごい活かされている曲なので、ゆずきちゃんの歌ってるところが注目です。

がらっと変わって、『雨天決行』!

間違いなくライブで盛り上がる曲ですよね。いつもしゃちほこの鉄板曲を作ってくださってる浅野君(編注:浅野尚志氏)の…あ、『JAMP MAN』も浅野君(が作った曲)なんですけど、「ついに浅野君の真骨頂がきたな!」と(笑)2017年のしゃちほこのライブは結構土砂降りの雨が多かったので、そういうのもあって、この『雨天決行』っていう曲ができたみたいです。雨があるときに絶対歌いたい曲です。この曲は『手羽先キミドリ』坂本遥奈がラップの部分を作詞していて、その歌詞がすごいかっこよくて!聞いているだけでグッとくるような感じなので、そこに注目して聞いてほしいです。
『セイジンユニバース』はメンバーの5人中4人が今年成人したということで、【成人】と【星人】をかけて歌っているお祝い曲になっています。この曲もすごい可愛くって、サビとかも、聞いただけで乗れる感じの曲になってます。

そういえば、4月のツアー日程の中に、北海道も入ってるんですよね!

4月21日は札幌のペニーレーン、4月22日には旭川に行きます!北海道でのライブは何回かあったんですが、旭川には初めて行くので、すごい楽しみです!個人的にも、しゃちほことしても旭川ははじめてです。
ツアーのタイトルが『日本中でJUMP  MAN!?幸せの使者は君だッ!』ってことで、そこにもJUMPMANと書いていますから、必ずこの曲はやると思うので(笑)この曲を聞いて、いっしょにライブでいっぱいジャンプしたいと思います!会場揺れるくらいのライブをします!私たちの東京とかのライブにも北海道から来て下さるファンの方がいっぱいいるんですけど、今回は私たちが会いに行けます!

ここからは、とあるテレビ番組をリスペクトした形式で、サイコロを転がしてトークをしていただきました。
11
ちゆりさんが転がしたサイコロが出した目は…… 

1! 好きな動物?
私、動物全般めちゃめちゃ好きです!ツアーで行く旭川には旭山動物園があるんですよね、行きたいです!

(編注:2018年1月)だったら、ペンギンのお散歩ってやってるんですが、4月は…どうだろう?

えー!可愛い!!ペンギンのお散歩見たいです!!(編注:4月は残念ながら期間外のようでした)
動物といえば、私はよくメンバーとかファンの方に『カピバラ』って言われるんですよ(笑)
何が似てるのかわからないんだけど、似てるらしくて、いつも『かぴかぴ〜』とか言われてて(笑)最近よくテレビとかで見かけるので、親近感わいちゃってる感じです(笑)

癒し系の見た目がそう見えちゃうかもしれませんね(笑)今日の(ちゆりさんの)お洋服が見事にカピバラさん色なので、言われてしまったら「あ〜、見えるかも」と納得しちゃうかもしれないですね(笑)

癒される系なのに、意外と走るとめちゃくちゃ速いらしいです!そういうギャップみたいなのも面白いです。

もし、どんな動物でも一匹飼っていいよって言われたら何を飼いますか?お世話も誰かがしてくれる感じで、自分の好きなときにいつでも会えるとしたら?

えー、飼いたいもの?うーん…アルパカかな。アルパカ大好き!実物見た事も、触ったこともあります。

では最後に、北海道のファンの皆さんに、メッセージをお願いします!

私たちは普段、名古屋中心に活動してるんですけど、是非北海道の方も名古屋に遊びに来てほしいなって思います。
北海道もおいしい食べ物いっぱいあるし、名古屋もおいしい食べ物がいっぱいあるので、行ったり来たり…私たちもツアーで北海道に行くので、そのときに会いに来ていただきたいなと思います!

ありがとうございました!

GET'S・ARTIST PICK UP No.62〜Sonar Pocket〜

【2018年2月7日発行:GET'S 92号掲載】

a92

Q1.3月31日公開予定の映画「honey」主題歌として制作された「108〜永遠〜」。甘酸っぱく青春の香りに満ちた「永遠の愛」がテーマのこの曲を制作するにあたり思い出した「初恋の甘酸っぱい記憶」などがありましたら教えてください。

ko-dai:好きな子に呼び出しされたと思ったら、その子の友達に告白された。僕が好きだった子は僕の友達に告白した。

matty:初めての彼女とクリスマスをむかえた時に、色々と計画をたてて楽しみにしていたのですが、風邪をひいて計画が台無しになってしまった事。

eyeron:幼稚園の時に初恋の子がいて、卒園後、その子と離ればなれになってしまった事。


Q2.ライブDVD「Sonar Pocket JAPAN TOUR 2017 〜Reload〜 at NIPPON BUDOKAN」がリリースされるのは2月14日、つまりバレンタインデーですが…バレンタインデーにまつわる忘れられない思い出などはありますか?

ko-dai:Q1の内容がバレンタインデー当日に起こりました。

matty:高校が、男子校だったので3年間お母さんと妹からのチョコのみでした。

eyeron:チョコをもらう為に、誰よりも早く登校していた。


Q3.Sonar Pocketの皆さんが思う「理想のバレンタイン」ってどんなイメージでしょうか?

ko-dai:大好きな人とマフラーを一緒に巻きながらデートして、お互いに気持ちを伝えつつ、プレゼント交換。

matty:チョコをくれる素振りがない子からの不意なプレゼントにキュンとします。そのシチュエーションが、理想です。

eyeron:一生懸命作ったり、選んだりしてくれたチョコをもらいたい。


Q4.2018年は戌年です。好きな犬種とその理由を教えてください!

ko-dai:ポメラニアンの柴犬カット。見ているだけで癒されます。 ネットで検索してみています。

matty:ゴールデンレトリーバーが好きです。実際に飼っています。

eyeron:柴犬。


Q5.2018年の初詣で、何をお願いしましたか?

ko-dai:デビュー10周年を最高のカタチでむかえられますように。

matty:みんなが笑顔になれますよーに!

eyeron:みんなの幸運と健康。


DVD発売や映画主題歌発売を心待ちにしているファンの皆様へ、メッセージをお願いします!

ko-dai:どちらも心をこめて全力で制作したので、ぜひ手に取ってください。泣いて笑って楽しめる…そしてキュンと出来る作品です。

matty:今年Sonar Pocketはデビュー10周年を迎えます。いつも以上に精力的に活動するので、応援よろしくお願いします!

eyeron:2018年もSonar Pocketから目を離すなよ!!10周年みんなでお祝いしよう!

GET'S

フリーペーパーGET'S札幌版

北海道は札幌で地域に密着したフリーペーパーを発行している「GET'S」と申します。ショップ・イベント・アミューズメントなどをたくさん皆様にお届けできたら…と頑張り中です☆「GET'S」は毎月7日発行。札幌市内や近郊都市の設置店様にて配布しております。見かけたら是非お手に取ってご覧くださいませ!

QRコード
QRコード
ギャラリー
  • GET'S・ARTIST PICK UP No.66〜尾崎由香さん〜
  • GET'S・ARTIST PICK UP No.66〜尾崎由香さん〜
  • GET'S・ARTIST PICK UP No.66〜尾崎由香さん〜
  • HOKKAIDO ARTIST INTERVIEW〜NaNa☆さん〜vol.2
  • HOKKAIDO ARTIST INTERVIEW〜NaNa☆さん〜vol.2
  • HOKKAIDO ARTIST INTERVIEW〜NaNa☆さん〜vol.2
  • HOKKAIDO ARTIST INTERVIEW〜NaNa☆さん〜vol.2
  • HOKKAIDO ARTIST INTERVIEW〜NaNa☆さん〜vol.2
  • GET'S・ARTIST PICK UP No.65〜鍵盤男子〜
Twitter プロフィール
通称「ゲッツの中の人」による、ちょいつぶやき頻度少なめな公式アカウントです。オタク話が多めです。