GET'S PICK UP

GET'S・ARTIST PICK UP No.57〜熊木杏里さん〜

【2017年9月7日発行:GET'S 87号掲載】

a87

「あんずの⾥」として知られる⻑野県千曲市が⽣み出した
シンガーソングライター熊⽊杏⾥の、
デビュー15周年で10作⽬となるオリジナル・アルバム『群青の日々』。
人生の群青を綴った全10曲の物語。 

Now on sale
群青の日々 
【CD 収録楽曲:10曲(初回・通常共通)】
01.怖い
02.カレーライス
03.僕たちのカイト
04.蛍
05.しにがみてがみ
06.花⽕
07.fighter
08.⾬宿り
09.国
10.群⻘の⽇々 

初回限定盤 のコピー
【初回限定盤】CD+DVD
¥6,500(本体価格)+税
YCCW-10305/B

通常盤 のコピー
【通常盤】CD
¥2,750(本体価格)+税
YCCW-10306
 
 

オリジナルアルバムの表題作ともなっている「群青の日々」の歌詞のひとつひとつに、恥ずかしながら涙を禁じ得ませんでした。
ただの「青」ではなく「群青」という深い青を選択された背景として、心に浮かんだ景色はどんなものでしたか?

ありがとうございます。
私自身の気持ちも入っている歌詞ですが、長く一つの道を進んで来られた人への賛歌というかそんな気持ちもありました。
歩いて歩いて重ねてきた日々。
それは青く燃える火のように思えて、深く刻まれた「群青」という言葉に繋がりました。
そこから先は、また違う人生が待っているから、今はまだ「青い」のかもしれない、、。
けれどもしかしたら、ずっと青いのかもしれないなぁ人生は。。などと思っています。何かを追いかけていく限り。

これまでの活動15周年を振り返って、熊木さんがいちばん驚いたことは何でしたか?

7、8年ほど前に大好きな井上陽水さんのコンサートへ行き、楽屋でご挨拶をさせて頂き、お会いした時に「この世界にいたらまた会えるね」と、そのようなお言葉を頂いたことが、ズーーーっと残っていて、今もなお、頑張れます!

井上陽水さんが大好きとのことですが、その井上陽水さんの存在を知ったきっかけとは何だったのでしょうか?

今も昔も、音楽好きな父の影響です。
私が高校生の頃、自宅で父が見ていた音楽番組に陽水さんが出ていて、ギター1つ抱え「いつのまにか少女は」を歌っていたのを見たとき歌詞に惹かれました。
「君は静かに音も立てずに大人になった」という一節に、なんて奇妙なんだろうという感覚と、こんな歌詞を自分も書きたいとハッキリ思ったことを覚えています。
この頃から「タレントスクール」に通っていたので、作詞作曲をするシンガーソングライターになりたいと思いました。

10月21日に札幌にライブでいらっしゃいますが、「札幌」で一番楽しみにしていることは何ですか?

札幌に行ってライブができること自体が本当に1番嬉しいことで。
そこで、会えるファンの人たちと時間を共有して、そして音楽処の石川さんはじめスタッフの皆さんに会いに行って。
出来るならレギュラーラジオのHBCさんに行って、長年お世話になっている方に突撃して、あわよくば、札幌ファクトリー牛亭のレアハンバーグを食べることです。

アニメタイアップソングも多い熊木さんですが、ご自身はアニメはご覧になりますか?

アニメは好きです。
コラボさせて頂いている麻枝准さんの「AngelBeats!」も見ていましたし、王道な感じだと「名探偵コナン」、「クレヨンしんちゃん」が大好きです。
最近はルパン熱が再び!
子供がいるのでディズニーも見ます。
「モアナと伝説の海」は暫く我が家でリピートリピートでした。

北海道の熊木杏里さんファンに、メッセージをお願い致します!

HBCラジオさんで長年レギュラーをさせて頂いていますが、ライブとして中々行けない現状があり、私自身悔しい気持ちでいます。
今回の10月ライブは、アコースティックという形で行きますが、しっとりと熱く!
楽しんで頂けるように全力で向かいますので、ペニーレーン24でお会いしましょう!
是非待っていてください。
ラジオ「夢のある喫茶店」脳内クイズも何卒。。。

GET'S・ARTIST PICK UP No.56〜8utterflyさん〜

【2017年8月7日発行:GET'S 86号掲載】

a86

博多出身。ミュージシャンであった父の影響で、幼い頃から音楽全般に親しむ。
上京後、Koyumi(コユミ)というアーティスト名でクラブシーンにて活動。
avex主催「STARZ AUDITION」の激戦を制し、優秀賞を獲得。
2009年に発表した配信シングルがiTunes R&B チャート6位ランクイン。
2011年3月に1st Album『Diary』でサナギから蝶になる姿を自分に重ね、Koyumiから8utterfly(バタフライ)というステージネームに変えデビュー。
2000年代後半から2010年代前半にかけて配信サイト「レコチョク」を中心に一世を風靡した「泣き歌」カルチャー。
当時数多くの”泣き歌アーティスト”が凌ぎを削っていた中、ギリギリすぎる歌詞が10代女子を中心に口コミ(Twitter)で広まり、全くの無名&ノンタイアップながら代表曲「願って、ねがっても...」がレコチョク総合チャートで3位まで上り詰めたアーティスト、8utterfly。
その後ブームの終焉とともに”泣き歌アーティスト”達は方向転換していく中、一途にその道を突き進み、やがて彼女は「泣き歌」を超えた「”病みソン”の女王」と呼ばれるまでに。
YouTube関連作品総再生回数は1,000万回を超え、いまだ根強い泣き歌需要に対し、一人供給を続けてきた8utterfly。
”病み”の集大成とも言える最新アルバムが『wordrobe』がついに完成。 

wordrobeジャケ写

2017.07.19 Release
wordrobe
¥2,700+税
WPCL-12679
 

7月19日の「wordrobe」メジャーリリースおめでとうございます。これから8utterflyさんを知るという読者の方向けに、「わたしはこんなひとです」という軽い自己PRをどうぞ!
 
はじめまして!
恋愛の話が好きで、目に見えない不思議な話が好きで、猫が好きで、チョコレートが好きで、石マニアな8utterflyです!
 
メジャーリリースにあたって、何かご自身の中で考え方や感じ方の変化などはありましたか?
 
フィールドが変わるんだって考えた時に、新しい自分や新しいリスナーの存在の可能性を感じました。
今までのイメージに縛られていて作品に詰まっていた部分もあったので、脱ぎ捨てれるチャンスがやっときたんだって。
とにかく私が表現したいことを素直に素直に素直に作品に出していく作業をしました。
そしたら髪の色も変わって笑、等身大の自分になっていったなって思います。
普通メジャーってなったら逆なんですけどね。売れる曲をみなさん意識するじゃないですか。でもレーベルの方も「好きなように書いていいよ!」と言ってくださったので、今までのスタイルも踏襲しながら好きなように書かせていただきました。すごく楽しかったです。音楽ってやっぱり楽しいんだなあ!ってまた思えるようになりました。
 
「泣き歌」を超えた「病みソン女王」と評判ですが、ご自身ではこの異名に関してどのように感じていますか?
 
うーーん
実は最初は本当は不本意でした。笑
だって私のやってることって80年代あたりから、いやそれこそもっと昔から変わらずに歌われてきているように、恋のつらさや幸せを書いて歌ってるだけなんです。
けど、今の時代こういう演歌のような歌詞のJ-POPってあまり見かけないので、きっとそれが今の皆さんには「聴いたら病む!」ってなったのかなあって思ってます。だから「病みソン女王」と言われることはそれだけ私の歌がその人の心に響いてることだなあって思って、今はとても光栄に思っています。
 
この雑誌が発刊されるのは8月7日で、北海道の七夕になる時期です。7月7日の願い事とは違う願い事をひとつ挙げるとしたら、どんなことを願いますか?
 
「大ヒットが間違いない歴史的な新曲を私にください」ですかね笑
 
福岡出身の8utterflyさんから見た「北海道」のイメージはどんなものですか?
 
未開拓の土地がまだあるんじゃないかって思っています。笑
すっごい不思議な名前とかあるじゃないですか、地名で。不思議な話好きとしてはその場所の伝説とか気になりますね。
あと牛がいっぱいいるのかなっていうイメージあります。北海道産の牛乳よく買うので。笑
涼しくて自然のある場所が好きなのでそういう綺麗な場所もあるじゃないですか。だからなんか異国というか妖精とかいるんじゃないかなって思っています。笑
 
北海道の食べ物で、好きor食べてみたい!ものがあれば教えてください。
 
お魚、ジンギスカン、ソフトクリーム!
 
北海道の8utterflyさんのファンの皆様に、メッセージをお願い致します!
 
北海道のみなさん!
今回のアルバムは私にとってまた新しい一歩になる一枚です。歌詞の内容も、「お、ちょっと攻めてきてるな」って感じると思います。より私らしくなっています。是非聴いてみてください。
北海道っていう広い場所で好きな人と出会って恋をして頑張ってきたあなたに聴いてほしい。そしてライブで北海道に訪れた際には是非会いに来てください。
恋愛は全国共通、世界共通。きっと会ったことのないあなたとも一緒に共有できる何かがあると思っています。これからも私らしく作品を発信していくので、宜しくお願いします。

GET'S・ARTIST PICK UP No.55〜テツandトモさん〜

【2017年7月7日発行:GET'S 85号掲載】a85




Q.結成20周年、そして20周年記念アルバムのリリースおめでとうございます!…ところで実は2014年12月以来の取材なのですが、GET'Sのことを覚えていらっしゃいましたか!?

テツ:
覚えています(*^。^*) 取材して頂いた部屋も覚えています(*^。^*)

トモ:
「ゲッツ!!」さんは取材して頂いたのが札幌という事もあり、凄く覚えています。あの部屋、あの机も覚えていますよ。

Q.「テツandトモがこんなに長く愛されてるのなんでだろう〜!?」の理由を、ご自身でどう分析されますか?

テツ:
長く愛されているかはわかりませんが、そうなりたいなと思っています(*^。^*)
理由をあえて言うなら愛されるより愛したいと思っているからでしょうか。

トモ:
愛されているかどうか?定かではありませんが…
子ども番組や「笑点」等、今でも様々な番組に呼んで頂く事によって、皆さんに思い出してもらえてるのかな~と思います。あと、僕たちというよりは「なんでだろう~」のフレーズや、赤青ジャージ等の覚えやすい要素が、子どもたちに受け入れられてるのかもしれません。

Q.歌謡曲にアニメ主題歌…ますます「実力派歌い手芸人・テツandトモ」が盤石になってきましたね!今後挑戦してみたい歌のジャンルは何でしょうか?

テツ:
ジャズです(*^^*)

トモ:
僕個人としては、「こぶしをまわせる力強い歌」にも挑戦みたいです。子どもの頃に詩吟をやっていたので、その詩吟をいかせる曲を歌いたいです。

Q.いつも私たちに笑いと歌で元気をくださるテツさんトモさんが、元気をもらえるものは何ですか?

テツ:
家族との時間です(*^_^*)

トモ:
お客様の笑顔と、応援のお言葉です。(←本当です。)お笑いライブをやってお客様が笑ってくださると、本当に元気になります。

Q.テツさんトモさんが北海道で出会った食べ物の中で、忘れられない一品を教えてください。

テツ:
じゃがバターに塩辛をつけて食べる!

トモ:
一品か~。沢山あって、1つに絞るのはかなり難しいですが…。確か2003年「旭川冬まつり」に呼んでもらいました。凄く!凄く!寒かったのを覚えています。舞台が終わった後に連れて行ってもらった「天金」という、らーめん屋さん。
体が温まり、凄く美味しかったです。


Q.北海道のファンへ、メッセージをお願い致します!

テツ:
冬は寒い北海道ですが、皆さんに温かい笑いを届けられれば嬉しいです(*^^*)北海道なまら好き~(*^▽^*)

トモ:
北海道の皆さん!イベント等で伺った時は沢山の応援を頂き、本当に本当に有難うございます。
コンビ結成20周年記念アルバム「20周年で、なんでだろう」では14年振りにネタを収録しています。そして「あずさ2号」のカバー等盛り沢山です。是非!是非!聴いて頂きたいです。
今後も北海道でライブが出来るよう頑張りますので、末永く宜しくお願い致します。

GET'S・ARTIST PICK UP No.54〜島爺さん〜

【2017年6月7日発行:GET'S 84号掲載】

a84

御年「永遠の82歳」、パワフルかつテクニカルな歌い手・島爺(SymaG / しまじい)が、テレビアニメ「デジモンユニバース アプリモンスターズ」の主題歌をひっさげてGET’Sに2度目の登場。血湧き肉踊り疾走感あふれる「ガッチェン!」発売直前、「歌」そして自身の想いに迫る。

ガッチェン!-初回
【初回限定盤グッズ付】
島爺オリジナルシリコンバンド付
¥1,700(本体)+税
WPCL-12647

ガッチェン!-通常
 【通常盤】 
¥1,200(本体)+税
WPCL-12648
 

ご無沙汰しております。前回のインタビューで「たちの悪いドッキリでは」と疑われてしまったのですが、北海道の雑誌に掲載されたというある意味レアな経験に、どなたかから反響みたいなものはありましたか?
 
あいにく北海道に知り合いがいないので直接的なリアクションは無かったんですが、ツイッターで北海道在住のフォロワーさんたちは喜んでくれてました。
 
6月14日リリースの「ガッチェン!」はアニメ「デジモンユニバース アプリモンスターズ」の主題歌ですが、初めてのアニメタイアップシングルを歌うにあたって意識したことなどがあれば教えてください。
 
子供の頃に見ていたアニメを思い出そうとすると必ずOPやEDもセットで頭の中に流れますし、BGMすら覚えてることもあります。でもそれを誰が作っていて誰が歌っているのかは、申し訳ないんですが、全く覚えていません。笑
つまり僕のパーソナルな部分等を一切抜いて、ただ流れてくる音楽をそのまま丸ごと記憶として残してくれるんじゃないかな、と思っています。
だからこそ一音一音をどういうイメージで、どういう表情で歌うのか、本当に楽しんで歌っていることが伝わるのかどうか、等々。歌うことの原点を思い出し、かつ、色々勉強させていただきながら歌うことができました。
 
今回の「ガッチェン!」はまさにロックバリバリの王道ヒーロー系アニメ主題歌なのですが、今後挑戦してみたい歌のジャンルを教えてください。
 
ちょっと古めのフォークソングが今気になってます。また逆にダンスミュージックも面白そうだな、と。イケメン&美女ダンサー達を引き連れてジジイが歌ってる絵面がとても愉快なので…笑
 
島爺さんが尊敬する「歌い人」は誰ですか?
 
美空ひばりさんです。「歌が上手いとはどういう状態なんだろう」と考えてひも解いていくと、僕の場合は幼き日に聴いた美空ひばりさんにたどり着きます。
 
もし、歌い手として世に出ていなければ、自分は今何をしていたと思いますか?
 
ボーカルレッスンのトレーナーとかやれてたらいいですけどね。
実は今もその道はまだ捨ててなくて、いつかやれたらいいなとは思っています。
 
2017年も半分過ぎてしまいますが、残り半分の目標を教えてください。
 
忙しい日々が続きますが、無事生き切りたいと思います。
 
今、島爺さんの目の前に、北海道の代名詞的食べ物である『味噌ラーメン』『毛ガニ』『ジンギスカン』の三つが並べてあると仮定します。どれかひとつしか食べられないとしたら、どれを選びますか?
 
「毛ガニとジンギスカンをトッピングした味噌ラーメン」はダメでしょうか?
ダメですか。じゃ、白い恋人でお願いします。
 
北海道の島爺さんファン&デジモンファンの皆様に、メッセージをお願いします!
 
毎度お世話になっております。ありがとうございます。デジモンシリーズを汚さぬよう全力で歌わせていただきました。
1mmでもあなたの心に刺さっていれば幸いです。土曜朝9:30はテレビ北海道で!よろしくお願い致します。
ありがとうございました。

GET'S・ARTIST PICK UP No.53〜Sonar Pocket〜

【2017年5月7日発行:GET'S 83号掲載】

a83


リリースされたばかりの25thシングル「一生一瞬」に関しまして、この曲を作ろうと思ったきっかけや、曲に込めた想いをお聞かせください。

ko-dai:
昨年の10月に、僕ko-daiが倒れて緊急入院をしました。命を失う危険もあった中、手術を終えて助かった病室で感じた事、気づいた事、色々な思いを込めて、入院中に作詞を始めました。
一生は一瞬で過ぎてしまうものだからこそ、この一瞬を大切にしなくてはいけない。一瞬を大切にする事が、一生を大切にする事に変わって行く。そして限りある人生だからこそ、周りに居る大切な人をもっと大切にしたい。そんな思いを込めて創りました。

eyeron:
ko-daiの入院、そして大病からの復帰、ko-daiが抱いた想い、eyeron、mattyが抱いた想いを歌詞に、一曲を作りました。大きな壁を越えたからこそ作れた一曲だと思います。

matty:
ko-daiが大病を患い、Sonar Pocket自体の活動を止めざるを得なかったあの日、メンバーそれぞれが一個人として今までの活動だったり人生を振り返る良い機会でした。そんな中、病室で日々を過ごしていたko-daiがその時思う心情を紙に書き残していた一節で『一生一瞬』という言葉がありました。その言葉はko-daiが生死を彷徨った経験をしたから生み出せた言葉だから自然とこの一節が楽曲へと成長したんだと思います。そして、そういったバックボーンが有りつつもSonar Pocketらしさである無償の愛情を散りばめて完成させました。
この楽曲は聴いて下さる方々、それぞれの人生の支えに少しでもなればと思います。
僕の中では”人生賛歌”になっています。

4月3日から、FMノースウェーブでko-daiさんの番組「Change with Music」がスタートしました!
北海道でのラジオ番組ということで、何か特別に意識したことなどはありますか?

ko-dai:
北海道は、なかなか頻繁に足を運ぶことが出来ないので、リスナーの皆と距離感の近い番組にしていきたいです。

eyeron:
ko-daiが北海道で大泉洋さんぐらいの有名人になってくれること願います。(笑)ko-dai自身凄くグルメな男の子なので、北海道にピッタリな男だと思っています!毎月生放送で北海道に行く度に、美味しいお店の情報をゲットしてくれることも願います。北海道に愛され、北海道に選ばれた男!Sonar Pocketのko-daiを宜しくお願いします!

eyeronさんとmattyさんの「Change with Music」のリスナー目線での感想を聞かせて下さい!

eyeron:
僕もmattyもそれぞれラジオもやっていたんですが、1日目の生放送からかなり落ち着いた様子でビックリしました!(笑)
さすがでした!引き続きko-daiの魅力を十二分発揮してほしいです!

matty:
安定の喋りで聴いてて安心して聴けました!放送の回が進むたびに楽しみが増える気がしました。

北海道にはライブで何度もいらっしゃっているSonar Pocketの皆さんですが、北海道にいらっしゃるにあたり、一番楽しみにしていること・ものなどを教えて下さい。

ko-dai:
やはりグルメですね(笑)お気に入りが沢山あります!!

eyeron:
北海道のフットサル仲間とフットサルをやることも楽しみの1つです!でも1番は味噌ラーメンですかね!(笑)

matty:
北海道の名物ご飯も大好きなんですが、街の作りが名古屋に近いので勝手に親近感が湧きます!北海道に来るたび毎回地元に帰ったような気になり楽しんでいます。

名古屋出身のSonar Pocketの皆さんが思う、「名古屋にあって北海道にないもの」「北海道にあって名古屋にないもの」って何だと思いますか?

ko-dai:
名古屋にあって北海道に無いものは、台湾ラーメンです。北海道にあって名古屋に無いものは、雪景色です。

eyeron:
季節的なことになりますが、雪でしょうね!(笑)3月に北海道に訪れたときに、まだかなりの雪が残っていてビックリしました!北海道でも日課のランニングをしたのですが、速攻で靴の中までビチョビチョになりました。(笑)あの12kmは忘れられない12kmランニングになりました!(笑)

matty:
名古屋にあって北海道にないもの=100m道路
北海道にあって名古屋にないもの=さっぽろ雪まつり

北海道のソナサポ&ソナサポ予備軍に熱いメッセージをお願いします!

ko-dai:
夏から始まる全国ツアーで北海道に帰ってくるので、是非ともLIVEに遊びに来て下さい!!そして月曜の夜9時は、FMノースウェーブを聞いて下さい!!

eyeron:
ko-daiというフィルターを通して、ソナーポケットの魅力をたくさん伝えていくと思います!伝えきれないメッセージはライブ会場で届けますので是非一度、ソナポケライブに参加してみて下さい!ライブ初心者から上級者まで楽しませる自信はあります。(笑)バッチリチェックしに来てね〜!待ってます!

matty:
人生、山あり谷ありなので如何なる時もやり続ける事だと思います!
頑張って下さい。

GET'S
QRコード
QRコード
ギャラリー
  • GET'S・ARTIST PICK UP No.57〜熊木杏里さん〜
  • GET'S・ARTIST PICK UP No.57〜熊木杏里さん〜
  • GET'S・ARTIST PICK UP No.57〜熊木杏里さん〜
  • GET'S・ARTIST PICK UP No.56〜8utterflyさん〜
  • GET'S・ARTIST PICK UP No.56〜8utterflyさん〜
  • GET'S・ARTIST PICK UP No.55〜テツandトモさん〜
  • GET'S・ARTIST PICK UP No.54〜島爺さん〜
  • GET'S・ARTIST PICK UP No.54〜島爺さん〜
  • GET'S・ARTIST PICK UP No.54〜島爺さん〜
Twitter プロフィール
通称「ゲッツの中の人」による、ちょいつぶやき頻度少なめな公式アカウントです。オタク話が多めです。
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ