GET'S PICK UP

GET'S・ARTIST PICK UP No.71〜Sonar Pocket〜

【2018年11月7日発行:GET'S 101号掲載】

a101

2008年シングル「Promise」にてメジャーデビューしてから10年。
記念すべき2018年、10月20日埼玉・三郷市文化会館 大ホールを皮切りに、全国ツアー flowerをスタートさせたSonar Pocket。
10月10日には2年半ぶりのオリジナルアルバム『flower』をリリース。
「flower」という言葉に込めた想い、「笑顔の連鎖」というキーワード…
ツアー直前の2018年10月2日、GET’S編集局は、ko-daiさんへの取材を敢行した。


ーSonar Pocketは今年でデビュー10周年ですね。おめでとうございます。この記念すべき年の10月10日にアルバム『flower』が発売になりましたが、…やはり、10つながりで、狙いましたか?

そうですね(笑)

ー『flower』という名前のアルバムタイトル、そのアルバムのラストに収録されている表題曲「flower」、先に出来たのはどちらでしたか?

実は今年のはじめに「秋から始まる全国ツアー」に関してスタッフとミーティングがあって、そのツアーのタイトルを決めようというときに(ツアータイトルを)flowerと名付けまして。そのライブツアーの中で「flower」という曲を披露したい、という思いで作り始めたのが最初です。ツアーのタイトルが(先に)あって、アルバムも『flower』になりました。

ーどのような思いを込めて『flower』という言葉を選ばれたのでしょうか?

僕らSonar Pocketもメジャーデビューから10年やってきた中で、本当にその(10年分の)感謝の気持ちというものを持って「たくさんの人に笑顔の花を咲かせたい」という思いがありました。今まで発表して来たそれぞれの楽曲に、聞く人のそれぞれの思い出が紐づいて、それらが花を咲かせてほしいな…と思って。花も色々な…トゲがある花だったり、儚い花だったり、暗かったり明るかったり、綺麗だったり可愛かったり。それぞれの花があるように、僕らSonar Pocketの音楽にも、そういった花と同じように色々な楽曲があるので、それを花束として皆様に届けたいと思ってflowerになりました。

ーflower”s”(複数形)ではなくflowerという単体を指しているというのは、「flower」の歌詞を見ていくと「たったひとりの大事な人」を指して、「あなたが花です」と言っているように感じました。

そうですね。その、『ひとりひとりの連続』がたくさんの『ひと』になっていきますから。
ひとりに届けられないと、多分、多くの人に届かない。これをラブソングとして歌ったときに(複数形だと)めちゃくちゃ浮気する人になっちゃう(笑)『ひとりのひと』というか『支えてくれる人』なので「それがあなたです」と手紙のように書きたかった曲なので、『あなたたち』ではなく、今耳元で聞いている『あなた』に届けたいと思っての(”s”のつかない)「flower」です。

ー花束のように色々な楽曲があるというお話から…このアルバムに収録されている曲群ですと『恋』と『応援』の二極のように感じました。楽曲を作るにあたり、どちらの『振り幅』の方が得意でしょうか?

そうですね…ラグビーワールドカップに向けて書いた曲もありますし、ドラマに向けて書いた曲もありますので、どちらが得意というのは一概には言えないんですが…個人的にはラブソングを歌うのが好きなので、ラブソングの方が書きやすい…かもしれませんね。

ー『応援』も、大きく言えば『ラブ』ソングかもしれませんね。

ただ熱さがちょっと変わってくるので。ラブソングに聞こえる応援歌もありますが…LikeとLoveを表現できたら良いかなと思います。

ー今まであったライブで、忘れられないインパクトのあるお話はありますか?

2年くらい前のツアーでの出来事だったかな?ライブ中に『DJ ko-chan』というキャラクターが、ホールの客席とステージとの間で行う質問コーナーをやりました。
その掛け合いの中で、ひとりの男性に「プロポーズどうやってするんですか」って質問されまして。「『結婚してください』でいいんじゃないの?…なんで?」って答えたら、男性のとなりにいた女性が「彼氏がプロポーズしてくれないんです」って。「え、じゃあ…カレ、今みんなの前でプロポーズする?」って聞いたら、男性が黙ったので、「二人のときに(プロポーズ)してね」って言ったら、男性が「…します!」って返事してくれました。「『結婚してください』ってシンプルなのがいい」って言ったら、同じように「結婚してください」って、男性が女性に言ったんです。それで会場中がものすごい暖かい拍手に包まれるっていうことがありました。そしてふたり、結婚しました。後日ラジオにお便りで報告してくれたんです。

ー質問はあらかじめ「誰に当てる」とかは…?

もちろん決まってないです。完全に巡り合わせで、(プロポーズの)彼氏彼女も、自分が当てられるとは思ってなかったでしょうね。

ーこれもまた、Sonar Pocketの皆さんの曲が引き寄せた『縁』な気がします。誰かに対して化学反応を起こすんですね。

(自分たちの楽曲は)受け手によって変えてもらって構わないです。
「僕らは常に音楽を届ける。人に、誰かに、(楽曲を)ギフトしてほしい」と思っているので、自分でしっかり届けたいという気持ちがあります。それを受け取った人が、また「誰かに届けたい」と思ってくれたら幸せです。

ー2019年3月3日にツアーで札幌にいらっしゃるのを心待ちにしているであろう北海道のソナサポの皆さんに、メッセージをお願いします!

今回のツアーはflowerと題しているので、『笑顔の連鎖』という言葉を軸に、活動してきています。しっかりと10周年の感謝の気持ちというものを持って、北海道に笑顔の花を咲かせにきますので、楽しむ心とチケットだけを持って、遊びに来てください。Sonar Pocket流エンターテイメントで、あなたをお待ちしています。皆さんの笑顔を僕らももらって、僕らも笑顔になれたりします。点と点を結んで、笑顔の花束にしていければ…と、願っています。

GET'S・ARTIST PICK UP No.70〜COLOR CREATION〜

【2018年10月7日発行:GET'S 100号掲載】
artist100

RIOSKE = R
TAKUYA = T
JUNPEI = J
KAZ = K
YUUTO = Y

メジャーデビューから1年経っていないフレッシュな「COLOR CREATION」を、この記事で初めて知る読者の方もいらっしゃいますので、まずは、「COLOR CREATIONとはこういうグループ!」という自己PRをお願いします!

R:僕達はダンスボーカルグループが多い中、踊らず、自慢の歌だけを武器に勝負している本格派5人組ボーカルグループです!

Y:全員がリードボーカルということで全員主役、全員ボーカルというコンセプトのもと活動しています!

K:その5人が、サビでユニゾンを歌うことによって、曲に壮大感を生みます!曲中にアカペラになる所があったり、みんなで盛り上がる所があったり、見所満載なので、楽曲もLIVEも楽しいグループだと思います!

J:ちなみにグループ名には、僕等の歌でファンの皆さんの人生をカラフルに彩っていきたいと言う想いが込められています。

T:初めての方でも一緒に楽しめるライブ、お客さんと一緒に作るライブを心がけているので、ライブの楽しさもカラクリの強みです!

10月24日リリース・メジャー2ndダブルリードシングル「I'm Here / Blue Star」の、各曲の注目ポイントを教えて下さい。

「I'm Here」について

J:遠く離れてなかなか会えない大切な人への曲なんですけど、恋人でも家族でも友達でもそれぞれの大切な人を思いながらぜひ歌詞に注目しながら聴いて頂きたいです!

K:「ため息に気付いたのなら、迷わずここにおいでよ」って歌詞は、いつも応援してくれている人の事を思って歌うので、お気に入りのパートです!注目して聴いて下さい!

Y:色々な場面で大切な人と離れなきゃいけない状況ってあると思うんですけど、例え距離が離れてても心は繋がってるし、1人じゃないんだよってメッセージが込められているので、孤独を感じた時や寂しい時に是非聴いて欲しい1曲です!

「Blue Star」について

R:愛の気持ちをストレートに歌ったラブソングで、君の全てを受け入れてずっと大切にするよってメッセージが込められています。

K:僕の好きな歌詞は、「隠し続けた涙さえも、受け止めたい」って歌詞です!爽やかだけど、メッセージ性のある曲だと思います!

T:この曲は僕が作詞させていただいたんですけど、今回のテーマカラーが青だったので、ブルースターという花の「信じ合う心、幸福な愛」という花言葉をベースに書かせていただきました。曲の内容的にも、「I'mHere」の中では遠く離れて会えなかった人と「Blue Star」で再会できたりと、ストーリーが繋がっている部分もあるのでそこに注目してほしいです!

COLOR CREATIONとして出会ったメンバーの中で、特に第一印象が強烈!だったのは、ぶっちゃけ、どなたですか?

R:KAZちゃんです!いきなり公共の場で大声出して歌うんですよ…最初は変な人だな〜って思ってましたが、今は僕も一緒になって歌ってしまってます…(笑)

K:出会いが強烈なメンバーは、RIOSKEですかね!(笑)歌がうますぎて、自分の歌に自信を無くしたほど、強烈でしたね。

J:KAZですかね!(笑)今もメンバーの中では1番アイドルっぽいキャラではあるんですけど、初対面のオーディションの時に挨拶した時、僕に対してもキラキラスマイルで挨拶してきたので、こんな普段からアイドルな子居るんやなーって思いました!(笑)

Y:RIOSKEです!ハーフって事もあり、出会っていきなり呼び捨てタメ語だったから、あー、こーゆう年下1番苦手だわ…ってなってたんですけど、実はすごく周りに気がつかえてめちゃくちゃ優しい子でした!同じメンバーでもあり、かわいい後輩でもあります!

T:RIOSKEです!ペルーのハーフなので見た目もインパクトあったんですけど、とにかく歌唱力の高さにびっくりしました。未だにRIOSKEの歌を聴くとうますぎて笑ってしまう時があります。(笑)一見絡みにくそうな感じですが、今ではメンバーの中で1番いじられてます。(笑)

「カラクリ」で一番の「イイ男」は、どなただと思いますか?

R:僕が思うカラクリの中で一番の「イイ男」は、優しくて、信頼できる、仲間思いのYUUTOです。メンバーの誕生日はYUUTOが誰よりも早く計画するタイプで 自分が女子だったら彼氏にしたいランキング1位ですね!

K:カラクリで一番「イイ男」は、僕って言いたいのですが、YUUTOです!YUUTOはマメなタイプだし、男前なので、単純にモテます!(笑)

J:僕です!(笑)ってのは冗談で、RIOSKEがメンバーみんなでバーベキューをした事があって、その時火起こしがめっちゃ上手くてこういう時頼りになる所がいい男やなーって思いました!(笑)

Y:自分で言うのはなんですが…自分です…(笑)僕はサプライズだったり記念日とかを大事にしたいタイプでメンバーの誕生日とかは色々率先して計画したりしてます。九州男児特有の情に熱いタイプなのでメンバーになんかあった時は一番に助けてあげたいと思っています!

T:YUUTOくんです!外見ももちろんですけど、メンバーやスタッフさんの誕生日を細かく覚えてたり、ちょっとした気遣いとかがすごくマメな人です!こういう人がモテるんだろうなぁ、と思う事が多々あります!

北海道の「カラクリ」ファンの皆様へ、メッセージをお願いします!

R:北海道のCANVASのみんな!まだ北海道には行けてないけど、少しでも早くみんなの笑顔が見れるように一生懸命頑張りますので それまで引き続き応援よろしくお願いします!

K:北海道のみなさん、はじめまして!僕、個人としても、カラクリとしても、まだ北海道に行ったことないので、必ずLIVEしに行くと約束します! 待ってて下さい! 北海道のみなさんにも届くように、沢山楽曲もリリースしていきますので、是非応援よろしくお願いします!

J:いつもカラクリの応援ありがとうございます。まだライブした事がないんですが、いずれ北海道でもワンマンライブできるように頑張りますので応援よろしくお願いします。

Y:北海道の皆さん!まだカラクリは北海道には行けてないのですが、1日でも早く行けるように頑張ります! 北海道にライブに行った際はみんなで笑顔の交換が出来ることを楽しみにしています!応援よろしくお願いします!

T:僕らはまだ北海道でライブした事がないので、お会いした事ない方ばかりだと思いますが、カラクリの楽しい音楽とライブを北海道のみなさんとも共有したいのでライブで行ける日を楽しみにしています! いつか札幌ドームでワンマンライブができるくらい大きなアーティストになりたいので、是非是非応援よろしくお願いします!

GET'S・ARTIST PICK UP No.69〜藤澤ノリマサさん〜

【2018年9月7日発行:GET'S 99号掲載】

a99

2018.09.05 Release
ポップオペラ名曲アルバム

初回盤WPCL12920
【初回限定盤】 三方背BOX仕様(2枚組CD+フォト・ブックレット)
WPCL-12920/21 ¥5,000(本体)+税

通常盤WPCL12922
【通常盤】 
WPCL-12922 ¥3,000(本体)+税

【DISC 1(通常盤共通)】ポップオペラ名曲アルバム(全12曲収録)
1. 瑠璃色の地球(オリジナル:松田聖子さん[1986年])
2. ワインレッドの心(オリジナル:安全地帯さん[1983年])
3. ルビーの指環(オリジナル:寺尾聰さん[1981年])
4. 時の流れに身をまかせ(オリジナル:テレサ・テンさん[1986年])
5. I LOVE YOU(オリジナル:尾崎豊さん[1983年])
6. 勝手にしやがれ(オリジナル:沢田研二さん[1977年])
7. シルエット・ロマンス(オリジナル:大橋純子さん[1981年])
8. また逢う日まで(オリジナル:尾崎紀世彦さん[1971年])
9. for you...(オリジナル:高橋真梨子さん[1982年])
10. 駅(オリジナル:竹内まりやさん[1986年])
11. 糸(オリジナル:中島みゆきさん[1992年])
12. 川の流れのように(オリジナル:美空ひばりさん[1989年])

【初回限定盤のDISC2】
セルフ・カヴァー4曲(ピアノ弾き語り)&新曲
1.「未来への道」(ピアノ弾き語り)
2. Domani~明日をつかまえて~(ピアノ弾き語り)
3. 希望の歌~交響曲第九番~(ピアノ弾き語り)
4. Stay forever~あなたを守りたい(ピアノ弾き語り)
5. AVANTI -La vita è bella-【新曲】 

カヴァーアルバム「ポップオペラ名曲アルバム」リリースおめでとうございます。ご自身が影響を受けられた曲をカバーされているとのことですが、特に忘れられない想い出のある「1曲」を選ばれるとしたら、どれになりますか?

今回のアルバムは1970年から1980年代の名曲をカバーさせていただきましたが、ここから更に1曲を選ぶのは難しいですね。
僕の両親の影響で歌謡曲は昔から大好きで、いつも実家ではクラシックやシャンソン、歌謡曲や演歌と様々なジャンルを超えた音楽を聴いていました。
母も元々は歌を歌っていたので、カラオケ大会の全国大会で優勝したりと、母の背中を見て育ちました。
そんな母のすすめもあり、小学生の時に地元のカラオケ大会で高橋真梨子さんの「for you...」やテレサ・テンさんの「時の流れに身をまかせ」を歌っていました。
変声期前だったので、ご本人と同じキーで歌っていました。

どの収録曲も原曲の輪郭を崩していないのに「藤澤ノリマサ節」が活きた素晴らしいものばかりでしたが、特に「勝手にしやがれ」のポップオペラとの親和性に驚きました。
その「勝手にしやがれ」を、藤澤さんが生まれて初めてお聴きになったときの率直な感想をお聞かせ下さい。

そうですね、今はほとんどのカラオケ屋さんが通信カラオケになっていると思いますが、昔はレーザーディスクでそのカラオケ機器が実家にあり、親戚がよく忘年会や新年会などで「勝手にしやがれ」を歌っていたのを聴いていました。
「ポップオペラ名曲アルバム」を作るきっかけがなかったら、自ら歌わなかった楽曲の1曲かもしれません。

平成最後の夏…も、もうすぐ終わってしまいます。まだまだ諦めていない夏の野望がありましたら教えてください!

僕はデビューが2008年4月30日で、今年がちょうど10周年イヤーなんです。
平成という1つの時代が終わって行くのはなんか感慨深いですね。
来年の4月30日までが10周年で、なんと平成もその4月30日までなんて!
こんな偶然ってありますか??来年のデビュー日に何かやりたいです!!
あっ、夏の野望か(笑)

2018年夏バージョン・藤澤さんのマイブームを教えて下さい!

僕が影響を受けたセリーヌ・ディオンが6月に10年ぶりに来日しました。今だにまだ余韻にひたっています。
セリーヌ以外でのマイブームは家で映画を見ること!最近見放題のサービスに加入しました。

この雑誌が発行されるのは9月ですが、きっとまだまだ暑い…かもしれませんので、気持ちだけでも涼しく。お好きなかき氷の味は何ですか?昔から好きなお味でも、ここ最近出て来た新しい味でも、何でも結構です!

かき氷はイチゴ味が好きです。
あとは下にバニラアイスが入ってると、さらに最高ですね。
子供の時はいくらでも食べれましたが、いまは頭が痛くなります (笑)

GET'Sを手に取られた「ノリくん」ファンの皆様に、メッセージをお願い致します!

僕、藤澤ノリマサ初のカヴァー・アルバム「ポップオペラ名曲アルバム」が発売になります。
とても思い入れのあるアルバムの1枚になりました。
沢山の方に聴いていただけたら幸いです。
武部聡志さんのピアノが、さらに僕の歌をひきたたせてくれています。
ぜひチェックしてみてください。

GET'S・ARTIST PICK UP No.68〜a crowd of rebellion〜

【2018年8月7日発行:GET'S 98号掲載】

a98


3rdフルアルバム「Ill」はバンド史上最もダークなフルアルバムとのことですが、アルバム収録全12曲のうち特にダークに仕上がったと思う曲は何でしょうか?

ダークと言っても色んなベクトルのダークが詰まっているので全曲内包してる物はとてつもなくダークダークしてます。「憎しみによるダーク」な曲は個人的にRaccoon Deadです笑
他も完璧にダークかつリード曲レベルに仕上がってるのでお聞き漏らしないようお願い致します。

メジャーデビューから3年、そして結成から10年を迎えた2018年も半分以上が過ぎましたが、率直にどんな感情が強いですか?

楽しいです。忙しく過ごさせて頂いてますけど、なんか分からないですけど、今はなんでも本気で笑えるし、なんでも本気で泣けます。たくさん辛いことも悩みもありますけど。

メモリアルイヤーである2018年に何が何でも達成するぞ!という目標があれば教えてください。

自分のやらせてもらってるパート全てに於いての向上です。今年の暮れくらいにはすっげえかっこいいヤツになりたいです。今より圧倒的にかっこよく!(腹筋そろそろ浮き出てこないかなあ)

すっかり夏も真っ盛りな季節ですが、今年の夏のお楽しみは何でしょうか?

おいしいお酒を沢山飲む!です!笑

2019年2月にワンマンライブで札幌にもいらっしゃるご予定ですが、真冬の札幌で楽しみにしていることがあれば教えてください。逆に、恐れているものがあれば、それも教えて頂けると……

この前先輩から教えてもらったご飯屋さんに行ってみたいなあ。旧HTBの裏の公園の坂で全力疾走するのも楽しみだし、ガラナ飲むのも楽しみです。あとすごいでかい氷柱を持つのも楽しみです!
恐れてるのは路面の凍結で転ぶ事です!いたい!

来年のワンマンまで待てない!というa crowd of rebellionファンの皆様に、エールメッセージをお願いします!

確実にめちゃくちゃかっこよくなってるa crowd of rebellionに来年のワンマンは会えると思います。約束します。Illというアルバムを聴いて色んな事を考えて、自分なりにこういうアルバムなんだって解釈をして待っててくれたら嬉しいです。待てなかったらいつでもどこでも会いに来てくださいね!いつでもどこでも待ってます!

GET'S・ARTIST PICK UP No.67〜島爺さん〜

【2018年7月7日発行:GET'S 97号掲載】

a97


ライブ大変お疲れさまでした!
ライブMCで仰ってた最新作「ゴマウェイ」に関しての「デモの時点でふざけたものが届いたので、このまま仕上げてしまってはいけないと思い、更にふざけを重ねた」というコメントがとても気になりまして。
『ゴマウェイ』は明るくてノリが良くて元気になれるパワーがあるなぁと思ってたので、正直ふざけてると仰ってたのはどこの部分だったのかなぁ…と(笑)

部分で言うと…ラップパートが終わった後、ギターソロと一緒に歌ってる感じのところのスキャット部分の後ろ側のコーラスで、何か、わちゃわちゃやってるんですよ。目立って聴こえるわけではない部分なので、なかなかよく聴かないと(わからないかも)。

むしろ1回聴いただけじゃなくて、何回も何回も聴いていくうちに楽しい箇所がいっぱい「あれもあった、これもあった!」みたいにどんどん見つかる、味の濃いスルメみたいな発見のある感じなんですね!

そうですね(笑)今回『ゴマウェイ』を作って頂いたナナホシ管弦楽団さんの作る曲は、結構ボーカルパートが多いんですよ。メインボーカルだけじゃなくて、コーラスも三重にも四重にも入ってたりするし、そういう感じで聴き所が結構深いんですよね。

聴けば聴くほど、リピートして楽しい歌、ということですね〜!それでは、ここからは予めツイッターで募集しておりました質問に移りたいと思います!


これ…難しいんですけど、まぁでも、『ブリキノダンス』ですかねぇ。
『ブリキノダンス』は、自分がレコーディングしているときも、歌ってて今までの曲にはない楽しさがあって。
自分でミックス作業してる時も、もう出来てるパートと出来てないパートが別々にある状態で、出来てるパートはもう聴かなくてもいいのに毎回最初から聴き戻して(笑)何回も聴いちゃうっていうのをずっとしてて、なかなかアップロードできなかった〜みたいなことがあったりとか。それで再生数がめっちゃ伸びたりとかもしましたし、自分ではそこまで意識はしてなかったんですけど、「(雰囲気が)合ってる」っていうのはそういうことなのかなーと感じます。
「歌詞」の意味ですごく僕っぽいなーと思うのは、これもナナホシ管弦楽団さんの作品で「MISTAKE」っていう曲ですね。あのへんの曲は結構こう、突き上げてくるものがあります(腕を突き上げながら)。

基本的に「歌って『みる』」わけですから、フィーリングの合わないものは「歌う」選択肢に入らない…ですか?

そうですね、「良い曲だ」と思ったら僕は歌うんですけど、その歌詞の内容が個人的な僕のベクトルと違うものでも、曲として良かったら僕は歌うので、そこは一概にそうとも言えないですね(笑)

いつも味噌汁食べてるけど、たまにはスープカレーも食べてみたいなとかそういう感じですか?(笑)

そうそう、そんな感じです(笑)


今、結構いろいろ夢が叶って来たので…今度掲げてる夢が、『駄菓子屋兼ライブハウス』!ライブを駄菓子食べながら見るみたいな感じの店をつくって、そこのオーナーになる…っていう。

昔の紙芝居のライブバージョンみたいな感じですか?

そんな感じですね。ライブバーとか、結構ちっちゃい規模の。で、そこで僕自身も出演して、ずっと歌って、一生を終えると(笑)それができたら幸せだなーと思います。

それは楽しい!今すぐ、というよりも、後々…といった感じでしょうか?

そうですね。今、なんとかアーティスト業をさせていただいているので、これでちょっとずつ貯金して(笑)そんなんができたら良いかな〜と思ってます。

では最後に、北海道のお孫さんに向けてのひとことをお願いします!

昨年も今回も、北海道の皆さんには暖かく受け入れて下さって…北海道って修学旅行で1回来ただけのノリなのに、なんとなく縁がある土地なんだろうな〜と思います。色々な大人の都合で決まって行くことより、なんとなくこう、「いつの間にかこうなってた」ことの方が大事なのかなと。ライブじゃなくてもプライベートの旅行でも来たいなと思っておりますので、その際はよろしくお願いします。食いもんもうまいですしね(笑)ジャガイモに塩辛がほんまにやばいっす。あれを全国区にしたいくらいペロリと行ってしまいました(笑)
GET'S

フリーペーパーGET'S札幌版

北海道は札幌で地域に密着したフリーペーパーを発行している「GET'S」と申します。ショップ・イベント・アミューズメントなどをたくさん皆様にお届けできたら…と頑張り中です☆「GET'S」は毎月7日発行。札幌市内や近郊都市の設置店様にて配布しております。見かけたら是非お手に取ってご覧くださいませ!

QRコード
QRコード
ギャラリー
  • GET'S・ARTIST PICK UP No.71〜Sonar Pocket〜
  • GET'S・ARTIST PICK UP No.70〜COLOR CREATION〜
  • GET'S・ARTIST PICK UP No.69〜藤澤ノリマサさん〜
  • GET'S・ARTIST PICK UP No.69〜藤澤ノリマサさん〜
  • GET'S・ARTIST PICK UP No.69〜藤澤ノリマサさん〜
  • GET'S・ARTIST PICK UP No.68〜a crowd of rebellion〜
  • GET'S・ARTIST PICK UP No.67〜島爺さん〜
  • GET'S・ARTIST PICK UP No.66〜尾崎由香さん〜
  • GET'S・ARTIST PICK UP No.66〜尾崎由香さん〜
Twitter プロフィール
通称「ゲッツの中の人」による、ちょいつぶやき頻度少なめな公式アカウントです。オタク話が多めです。
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ