【2019年7月7日発行:GET'S 108号掲載】

a109

YUUTO = Y
TAKUYA = T
JUNPEI = J
RIOSKE = R
KAZ = K

令和元年にメジャーデビュー1周年おめでとうございます!その記念すべき365日目・5月22日にリリースした1stアルバム「FIRST PALETTE」が完成したときの、素直な心境を教えてください。

K:ありがとうございます!アルバムをリリースして、アーティストになったことを改めて実感しました。15曲を通して聴くと、これまでの僕たちのあゆみが形としてわかるので、客観的にCOLOR CREATIONを感じることが出来ました。想像していたよりも遥かに素晴らしいアルバムが出来上がりました!

T:まさかデビューして1年でアルバムをリリースできるとは思っていなかったので、この1年間の集大成をアルバムという形で残すことが出来たことがすごく嬉しかったです。収録されている新曲6曲も、全曲シングルにできるほどの自信作になったので100%納得のいく作品になりました。ありがとうございます!

Y:1年でアルバムを出せるという事自体、びっくりで凄く嬉しかったんですけど、全曲リード曲と言えるくらいのクオリティのアルバムを完成できた事が1番嬉しかったし、自信にもなりました!だからこそたくさんの人にこのアルバムが届いて、たくさん聴いてもらいたいという想いはシングルの時より強かったですね。

J:今回のアルバムはインディーズ時代からの楽曲も含めて、今まで僕達が作ってきたCOLOR CREATIONと言うアーティストの全てを詰め込めたアルバムになりました。名刺代わりになるアルバムが完成したことで、やっと歌手の仲間入りが出来たのかなと思っています。

R:アルバムをリリースすると決まった時は、正直信じられなかったです!デビューから1年経っているということも信じられないですけど(笑)1年でアルバムを出せると思っていなかったので。そんなアルバムが自慢できる作品になったのですごく嬉しい気持ちでいっぱいです!

「FIRST PALETTE」の収録曲は全部が聴き所であることを百も承知で…初回盤・通常盤ABを含めた合計15曲の中で、個人的に最も好きな・あるいは是非聴いてほしいと熱烈にお勧めするナンバーを1曲厳選してください。

T:個人的に1番好きなのは「love song」です!初めて5人のユニゾンを入れずに作った曲なんですけど、その分1人1人の声がちゃんと聞けるので、僕らの持ち味でもある「全員ボーカル全員主役」というのがよくわかる1曲になっています。曲の内容的にはこれから結婚する人、一生この人と一緒にいたい!と思っている人にぴったりハマる曲です。

J:1曲目に収録されている「Movin'On」を是非聴いてほしいですね!今までの僕達には無かったタイプのアップテンポな曲で、初めてラップパートにも挑戦した楽曲になっています。今までの僕達とは違う新たな一面をみせられる、これからの僕達に期待が持てる曲を一曲目に持って来たので是非頭から聴いて頂きたいです!

R:「SMILE」です!この曲は僕の作詞をベースにメンバーみんなで考えながら作詞しました。
「思うほど人生悪くない ありのまま、笑顔の君が好きだから Let me see your smile」
というフレーズがあって、日々を頑張っている人たちの力になれたら嬉しいです!

Y:「love song」です!この曲は、大人の恋を描いている楽曲で今までのカラクリには無かった世界観になっているので、僕らの年代にも響く、リアルな楽曲になったのかなと思います。世の中の男性は共感出来る部分がたくさんあると思うので是非聴いてもらいたいです!女性も男性がこういう事思っているのかなって想像しながら聴いてみて下さい!歌唱的に言えば、自分の声質、自分の歌唱の癖を最大限にうまく落とし込めたと思うので、その辺も注目して聴いて欲しいです!

K:個人的には、COLOR CREATIONの原点でもあり、僕が作詞した「Waiting for you」をおススメします!J-POPと洋楽が融合されていてCOLOR CREATIONのサウンドの世界観がうまく表現された、癖になる楽曲だと思います!インディーズで出した楽曲だけど、今聴いても色あせずカッコいい曲だなと思います!

GET'S調べによると、この1年間で消費したレッドブル(エナジードリンク)の総量が何と約355500ml(推定本数1100本前後)とのことですが、とりわけ一番レッドブルを飲んだ「カラクリのレッドブル王」はどなたですか?

Y・T・J・R:ダントツでKAZちゃんです!

K:僕は1日平均3本(多い時には5本)飲んでいるので、メンバーの誰よりもレッドブルを愛していると思います。なにより、味が飲み物の中で1番大好きで、朝昼晩飲んでいても飽きないです!なので僕が紛れもなく、カラクリのレッドブル王です!!!

J:流石に「飲み過ぎだから辞めな」って言ってるんですけど、そうすると本人は飲んでも大丈夫な理由を医学的にめっちゃ説明してくるんですよ!(笑)

T:逆に僕はメンバーの中で1番エナジードリンクを飲んでいないので、天然のエナジーでライブも全力で盛り上げています!(笑)

カラクリの皆さんは全員が平成生まれですが、平成から令和に変わるという「初めての改元」に、どんな心境でしたか?

Y:時代が変わるって実感は無かったのですが、平成はたくさんのスターが出て来るのを見てきたので、令和はカラクリが令和を代表するアーティストになれるように頑張ろうと思いました!でもやっぱり自分達が生まれた平成が終わっちゃうのはちょっと寂しかったですね。。

T:時代が変わる瞬間ってイマイチ実感が湧かなかったんですけど、令和初日はなぜかいつもの景色がキラキラして見えたり、ここからまた頑張ろうって思えたりしました。これを機に新しい事にチャレンジしてみようと思って、DTMを始めてみたり令和に良いキッカケをもらったなぁと思っています。でも、平成生まれがおじさんだと言われる日もそう遠くないのかなと思うと少し寂しいですね。(笑)

J:率直に寂しかったです!いつかは変わると分かってたけど、いざ変わるとなるとなんか自分達の時代が終わるみたいで寂しくなりました!(笑)逆に令和こそ自分達の時代に出来るように頑張ります!!

R:時代が変わるというのは不思議な感覚ですね。新しい時代ももっと平和で自由な時代を作って行けたらいいですよね! カラクリが音楽で少しでも貢献できるように頑張って行きます^ ^

K:平成が終わる事がとても寂しかったです。平成という時代の中で、いろいろな沢山の影響を受けて僕の人格が形成されました。僕自身、そんな平成を象徴するアーティストになりたいという夢を抱いいていたのですが、叶えられず残念でした。デビューという夢は叶えられたので、まだまだ叶えてない夢を令和という時代で実現させていって、いつか令和を象徴するアーティストになりたいです!

前回の取材から9ヶ月。あれからどんどん増えた北海道のCANVASの皆様へ、魂のメッセージをどうぞ!

Y:北海道のみなさん!いつもあたたかい応援ありがとうございます!まだ僕たち北海道には一回も行けてないのですが、今年こそは会いに行けたらなと思ってます!その時はみんなで激アツなライブを一緒に作りましょう!!楽しみにしています!

T:まだ北海道にはライブに行けていませんが、必ず最高の曲とライブで盛り上げに行くのでこれからも応援よろしくお願いします!ウニ食べたい!!!

J:北海道のCANVASの皆さん、いつも応援ありがとうございます!まだライブで行けていなくて本当にごめんなさい!!早く行けるように頑張るので、これからも是非応援よろしくお願いします!

R:北海道のCANVASのみんな、まだ会いに行けてなくてごめんね…早く会えるように頑張るのでもう少しだけ待っててください!引き続き応援よろしくお願いします!

K:まだ北海道でライブをすることが出来ていないですが、必ず北海道でワンマンライブをして直接音楽を届けに行くので、これからも僕らCOLOR CREATIONの応援よろしくおねがいします!

ありがとうございました!!