2016年05月

GET'S・ARTIST特別編vol.6〜Lumina-Ria〜

【2016年4月7日発行:GET'S 70号掲載】
取材協力:パーラーマンモス'21平岸店

マンモス平岸!アイドル応援委員会!
マンモス平岸店は札幌で活動し、頑張っている皆さんを応援致します! 

vol.6 Lumina-Ria

luminaria_main


★Lumina-Ria Youtube公式チャンネル★

今回は2016年から本格的に活動を開始した幼馴染2人組ユニット『Lumina-Ria(ルミナリア)』のおふたりにインタビューさせていただきました!

m21h70_0019
左:ひかりさん
右:えれなさん 


Q.アイドルを始めたきっかけはなんですか?

ひかり:
はじめは、友達の紹介でアイドルダンスのスクール生募集のチラシを見て、二人でスクール会員になったことがきっかけですかね。アイドルダンスってなんだろう?って興味本位で始めたんです。

えれな:
もともとアイドルには興味なかったんですよ(笑)スクール通いの中、某テレビ番組でオーディションがあって、なんとなく薦められて出たら二人ともオーディションに受かってしまって!そこがスタートですかね。
はじめは6人組だったんです。いろいろあって、二人組になって…去年1年は、レッスンに集中してました!今年から本格的にルミナリアです(笑)

Q.アイドルを始めてから良かったなと思う事ってありますか?

えれな:
人前に立つ勇気がつきました。元々凄い人見知りで人前に立つと真顔で棒立ちって感じだったんですけど、アイドルをやり始めてからは、だいぶ人と話せるようになりました。アイドルを始めたおかげでコミュニケーション能力がついて成長できたかなって思います。

ひかり:
普通に生活していて知り合わない方々と知り合えたことですかね。ファンの方も含めて、多くの人達とふれあえて仲良くなれるのは嬉しいです。

m21h70_4564
 

Q.お二人は幼馴染だとお聞きしてたんですが、いつ頃からのお付き合いなんですか?

えれな:
小学校三年生で出会って…小中高大と学校が一緒なんです!二人いつも一緒にいすぎたせいか、学力も同じくらいになってしまって…高校も大学も同じ学校に行くことになっちゃっいました。家族よりも一緒の時間が多いです。

ひかり:
今年の3月に二人揃って大学を卒業したのですが…実は就職も一緒で(笑)ルミナリアの事務所が株式会社ソプラティコで、そのフィットネスクラブで受付をやったりルミナリアで活動したりという感じで、これからも二人ずっと一緒なんです!

Q.これからの活動や目標は?

ひかり:
北海道の皆さんにもっとルミナリアを知って欲しいです。実はあまり北海道を回ったことがなくて、これからいっぱい回って皆さんにお会いしたいです!

えれな:
私も同じです。北海道の各地を回って、地域のお祭りだったりイベントにいっぱいでて子供からお年寄りまでみんなにルミナリアを知ってもらって、元気を貰ったり、元気を皆さんに与えることが出来れば嬉しいですね。

Q.北海道の皆さんにメッセージ!

えれな・ひかり:
二人が今までやってきた想いや歩みの軌跡を「虹色ジュエリー」と言うタイトルで曲として発表する予定なので楽しみにしていて下さい!これから北海道各地を周り皆さんに会いに行きたいと思っていますので、機会がありましたら是非会いに来て下さいね!
 
m21h70_0018
 

HOKKAIDO ARTIST INTERVIEW〜AriaForte(アリアフォルテ)〜

【2016年4月7日発行:GET'S 70号掲載】

af_a
左:朝比奈にこ(ひなにこ)
右:水島真依(まいぴ)

2016年1月にシングル「走りだせ〜僕らが叶える夢〜」でデビューした
2人組アイドルユニットAriaForte(アリアフォルテ)
ますます活躍の場を広げて行く彼女達の“素顔”に迫る。

af70_0046
 

★「AriaForte」になるきっかけってなんでしたか?

まいぴ:
私は他にも札幌で色々オーディション受けてて、たまたま早く受かったのがAriaForteのオーディションだったんですよ。その時はまだAriaForteと言う正式な名称ではなかったんですけど、他の審査待ちを断ってAriaForteに決めた感じです。

ひなにこ:
私は元々オーディションとか受けたことなかったんですが…でも芸能関係に興味があって、「人前に立つ仕事に就きたいなぁ」って考えていたんです。実は、アイドル志望と言うより歌手志望の方が大きかったんですよ。でも、アイドルも興味があって、オーディションに参加してみたら、受かって…そしてAriaForteとして活動している感じですね。

まいぴ:
オーディションの時に実は二人の席が一緒でとなりだったんですよ!

ひなにこ:
そうそう、そこで初めて声かけてくれたのがまいぴだったんですが、みんなシーンってなってるところで突然話しかけられたんで「なになに?どうしよう…」ってなったの覚えてます!

まいぴ:
なんでこんなに静かなんだろうって(笑)

★AriaForteとしてアイドル活動を始めてみて「これは大変だな」と感じた事ってありますか?

まいぴ:
あります!あります!踊りながら歌うのが大変です!私、全然スポーツとかやってなかったし、部活とかも続かなくて…元々体力ないのに…歌いながら踊ったら、息は切れるしで…初めのうちはもう、大変でしたね。

ひなにこ:
やっぱりダンスですね。本格的にやると凄く大変で…ダンスは好きなんですけど、振り付けを覚えるのが苦手で一晩中練習したりとか…私も同じで歌と踊りを完璧にするのが難しくて、歌は出来ても踊りがついていかなかったり…両立させるのはホントに大変ですね。

★最近ハマってることはありますか?

まいぴ:
最近学校がなくてずっと休みなんですけど、一日どれだけ寝れるか!ですかね?

ひなにこ:
なにそれー!

まいぴ:
何度寝出来るかとか、睡眠の質にこだわってみたり、日付け変わる前に寝たら熟睡だ!とか、寝る方向を一日一日変えてみたり…(※寝る話で盛り上がりすぎて長いので中略)…と、言うことで寝ることにハマっています。

ひなにこ:
自分磨きです。いつもメイクとか適当だったんですが、最近、メイク本とかファッション雑誌とか買って研究したり、今までとは違う服装をしてみたり、新しい自分探しみたいな感じですかね?

★休みの日の過ごし方は?

まいぴ:
まいぴは基本寝てるよ。

ひなにこ:
えっ?さっきの話の流れから言われなくてもなんとなくわかってた!

まいぴ:
休みの日って寝る為にあると思うんだよねぇ…

ひなにこ:
いやいや、まぁ…それはわかる!朝ご飯が昼食みたいな!

af70_0043
 

★二人の夢や目指しているものはありますか?

まいぴ:
私は、20年30年先のことは考えられなくて…とりあえず…その先は何になりたいとかは今は考えてないんですよ。今を全力でやってるって感じですかね。このままどんどん成長していければ満足というか、自分頑張ったな、ここまで来たな…っと感じられる時がやめ時なんじゃないかな?って。それまでは何も考えず全力で行きたいですね。まずは、ワンマンで1000人規模の前でステージに立ちたいですね!

ひなにこ:
AriaForteとしてだったら、これから自分達を成長させて、クオリティの高いステージを演出して、ファンのみんなから一般の人まで多くの方々に観て貰えるように頑張りたいです!個人的に言えばいつか歌手一本でいきたいんですが、今は、AriaForteで自分の限界に挑戦したいです!

★最後に、これを観ている読者の皆さんにメッセージをお願い致します。

まいぴ:
今はまだ、ステージに立てる機会が少なく、皆さんにお会いする機会も少ないのですが、これからどんどんイベントなどに参加して皆さんに楽しんで頂ける様に精一杯頑りますので、応援よろしくお願い致します。

ひなにこ:
まだ経験も少なく、ひとつひとつのステージを全力で頑張って生きますので応援よろしくお願い致します!



Now on sale
AriaForte デビューシングル 
 
走りだせ~僕らが叶える夢~

アリアフォルテへのイベント出演のお問い合わせはこちらまで
m pocket-project エムポケットプロジェクト
札幌市中央区南8条西10丁目1277-1
サンライズ5ビル 2F
【TEL】011-252-7288

af70_0047

★AriaForte、2016年5月14日〜15日開催のアイフェス札幌vol.2に出演決定!!
 

ARTIST INTERVIEW〜80KIDZ〜

【2016年4月7日発行:GET'S 70号掲載】

a70_80kidz

‘07年1月に結成。自主制作で2枚のMIXCDをリリース後、様々な国内外アーティストとの共演を経て楽曲制作を開始。
オリジナル楽曲やリミックスがSNSを通じて瞬く間に世界中で話題となり、初期作品集の12”シングル『DISDRIVE EP』
(2008/04)は即完売を記録。以後、フル・アルバム4作品、リミックス集やダンス・トラック集をリリースし、
FUJI ROCK FESTIVAL、ROCK IN JAPAN、COUNTDOWN JAPAN、SUMMER SONICをはじめとする
ビッグ・フェスに出演。ロックとダンスの垣根を越えて活躍中。’15年9月に京都出身のロック・バンドHAPPYを、
’15年12月にスーパーベーシストKenKenとコラボレーションしたEPをリリース、’16年3月23日にはHAPPY、KenKenに
加え、パリ出身のインディー・ロック・バンドJAMAICAのボーカリストAntoine Hilaire、国内の新進気鋭アーティストCapeson、
Maika Loubté、OBKRらとのコラボを含む5thフル・アルバム『5』をリリースする。

d1839b6b

2014年にリリースした「FACE」以来1年半振りの5THアルバム「5(ファイブ)」リリース決定!って!決定じゃないよっ!もう発売してるからっ!3月23日にすでにリリースしてるんでごぜーますよっ!みんなぁ!もちろん手に入れてるよね!!今回はfeaturingでKenKenさんやらなんやかんや、もうもうかっこいい楽曲ばかりで興奮しすぎて鼻血がでまくりですからねっ!だから聴く前に必ず鼻にティッシュ突っ込んでから聴きなさいよっ!下手こいたら出血死するよ!ってぐらいオススメ!

 
かっこいい楽曲をつくりまくるナイスガイな80KIDZのお二人にミュージックボーイなんやかんや聞いてみちゃったよ!!
 
★まずは、お二人が音楽を始める「きっかけ」ってなんでございましょうか?

JUN:
うちの両親が音楽好きなところがあったりして、「BobMarley」や「TheBeatles」がカーステレオから流れて来るような生活だったんですよ。結構親の影響をうけてますね。小さい頃からLIVEに行ったり、親父のギターが何本か家にあって「ちょっと弾き方教えてよ」って感じで少しずつ音楽にのめり込んでいった感じです。親が優れたPLAYERかではないんですけど、文化的な側面で影響はうけてるのかなと…

ALI&:
僕も同じような感じなんですが…地元がくっそ田舎だったのでバイクをいじるか、悪い事をするか、音楽やるか…あと部活ですかね?それぐらいしかなかったんですよ。で、うちのじぃちゃんが剣道めっちゃ凄い人なんですけど、ちっちゃい頃から「お前は剣道やる為に生まれてきた」って言われ続けてて「臭いから絶対嫌だ!」って逃げてたんですよね。ある時に「じゃぁ、なにやるんだ?」ってじぃちゃんに言われて「俺、楽器やるんで!」みたいな感じでずっと逃げててそのままここに至るって感じですよ。

★音楽活動を始めてから「これはいけるんじゃない?」みたいなタイミングってありましたか?

ALI&:
セカンドアルバムを出す時に、セカンドは売れない傾向にあるからとか売れにくいからって散々言われてたんですけど。思った以上に売れたし、がんばれたし、で、「あぁ…俺、これで飯食っていけたらいいなぁ、生活できたらいいなぁ」ってそのタイミングで思いましたね。
それまでは、まったく将来のこととか何も考えないでやってました。

JUN:
そうですかねぇ…はい…そんな感じですねぇ。

★プライベートのことも聞いちゃって良いですか?普段何されてるんですか?

JUN:
僕はですね、自転車にハマってしまって…いわゆるロードバイクっていわれてるやつなんですけど、週に一回ぐらい友達と遠出できればいいかなぁみたいな感じですかねぇ。乗ってる最中は無心でいられてちょっとしたメロディーとかも浮かんだり…って、あるんですけど家に帰ったら忘れちゃうみたいな…

ALI&:
僕は家で何もしてないです。サッカーやって…サッカー観て…サッカーゲームやってサッカー観て…映画観て…外に出ません。オタクですよ。オタクのプロです…すみませんなにもないです。…あと、スーパーに買い物行くぐらいですかね?

★3月23日リリースされた「5」の聴きどころをお願い致しやす!

JUN:
今回featuringが多いんですけど、若手の新人の子からフランス、ジャマイカ…海外のアーティストだったり、RIZEのKenKenまで…
特に思い入れがあるのがHAPPYと言うバンドが密に時間を過ごしたというか割と濃いレコーディングでしたね。HAPPYは若手で21、2歳ぐらいのバンドなんですが、彼らはメロディーメーカーとしてとても優れているので、なんていうか、レコーディング入る度にどんどんメロディーが浮かんできて、どれを取捨選択して採用するか、こちら側が悩ましいというか。良い意味なんですけど…

ALI&:
HAPPYとのレコーディングはめちゃ笑いながらやってたね。すごいハッピーなレコーディングだったと思う。

JUN:
普通だと悩んだりして歌詞が浮かんでこないよ…みたいな感じになったりすることが多いんですけど、彼らは違って。

ALI&:
こっちの方がええんちゃう?俺さっきの方が好き!とか超ポジティブな感じで、凄い良い感じで進みましたね。正直、楽しみながら出来たので是非皆さんには聴いて欲しいです。

★今後の展開は?

JUN:
まずは「5」のリリースツアーがありまして、大阪・愛知・盛岡・東京ですかね。残念ながら札幌は入ってないんですけど、札幌にはDJで年に2、3回来ているので、LIVEがなくても是非そっちにきてもらえたら嬉しいですね。

ALI&:
いずれLIVEでも是非来たいですねぇ…来年は僕達の10周年なので、ちょっと大きな事やりたいなぁ。

★では、最後に北海道の皆さんにメッセージを!

JUN:
なんかありますかねぇ?

ALI&:
ありますかねぇ?

JUN・ALI&:・・・

ALI&:
いや・・・あれですよ!嫌いだからとかじゃないですよ!嫌いだから何て言っていいか?とかそういうのじゃなくて、札幌ってよく来てるから八王子の先みたいな感じなんですよ。

JUN:
八王子?八王子の方があんまり行かないよね?札幌の人には伝わりにくくない?

ALI&:
いや、距離感的に…気持ち的には凄く近いです!って事ですよ。札幌は僕ら的にご贔屓にしてますので、札幌の皆さんも僕等のことをご贔屓にして下さいって感じです。

★ありがとうございました!
 
 
2016.03.23 Release
80KIDZ 5THアルバム
5
DDCB-12086 ¥2,407+税
RELEASED BY AWDR/LR2 

DDCB12086Five_JKT_350

[収録曲]
01. Five
02. Vias (Album Version)
03. Gone feat. KenKen
04. J.M.F feat. Maika Loubté
05. Good and Best feat. Antoine Hilaire (JAMAICA)
06. Joke
07. Ciao
08. In My Place feat. Capeson
09. Middle of Anywhere feat. Benny Smith
10. Baby feat. HAPPY (Album Version)
11. Doubt feat. OBKR

GET'S・ARTIST PICK UP No.42〜チームしゃちほこ〜

【2016年5月7日発行:GET'S 71号掲載】

a71

(インタビュー:大黒柚姫・伊藤千由李)

ニューシングル「Chérie!」はどのように仕上がりましたか?

千由李(以下ちゆ):
タイトルの「Chérie!」はフランス語で「可愛い」と言う意味なんですけど、タイトル通り可愛い曲になってます!しゃちほこの今までの曲はノリノリで激しい感じが多かったんですけど、今までとは違う「チームしゃちほこ」の一面を出せた1枚になったと思います!

柚姫(以下ゆずき):
曲も可愛いんですけど、振り付けも可愛くて、香水を付ける仕草や、イヤリングを付ける仕草、メイクをする仕草などがあって、恋をしている女の子が好きな人のために…みたいなキュンキュンする作品になりました!今までは元気に激しくというイメージの曲が多いしゃちほこでしたが、高校を卒業して少し大人になったからこその作品なので是非聴いて貰いたいです!

「Chérie!」のPVでは100個のQRコードが出てくるという斬新な演出も織り込まれていますが、QRコードからどんなコンテンツが現れるんですか?

ゆずき:
撮影の時のメイキングや、PVに出てくる衣装の情報などが出て来ます!今までのメイキング映像はメンバー揃ってわちゃわちゃしているような映像が多かったんですが、今回は1人での撮影が多かったので1人1人のメイキング映像をたくさん楽しんで貰いたいです!

ちゆ:
ちゆが一番はまったメイキング映像が実はあるんです!それはハル(坂本遥奈)のメイキング映像なんですけど、その撮影時レフ板がなかったみたいで、白Tシャツを着たスタッフさんが唄っているハルの横でノリノリにTシャツをレフ板代わりにしてハルを照らしている映像がシュールで面白かったです(笑)是非、QRコードからしかそのメイキング映像は見れないので探して貰いたいです!

ゆずき:
えー!めっちゃ見たい!!まだ全部見れてないので私も探す(笑)

4月17日にZeppSapporoでもライブをやったチームしゃちほこですが、これから北海道でやってみたいライブなどはありますか?

ちゆ:
前に北海道の夏フェス「JOIN ALIVE」に出演させて頂いたんですけど、その時が凄く楽しくて、思い出に残ってるので、北海道の夏フェスにまた参加したいです!北海道にたくさん来たい(笑)

ゆずき:
北海道に今までそんなに来れていなかったので、これからはたくさん北海道でライブをやりたいです!北海道が大好きなんで!!

北海道大好きなお2人ですが47都道府県の何番目に好きな土地なんですか?(笑)

ちゆ・ゆずき:
2番目です!!(ハモったお二人)

ゆずき:
いや、あの!本当なんですよ!!

ちゆ:
私も!本当ですよ!(笑)1番がやはり名古屋で、2番目が北海道なんです!!本当ですよ?(笑)

ゆずき:
私は、1位沖縄で2番目に北海道です!!!

ちゆ:
名古屋観光特使に就任したばかりなのに名古屋入ってない(笑)

ゆずき:
3位!!名古屋3位だもん!!え?あれ?名古屋は殿堂入りなのでランキングからは除外でって事にしといて下さい(笑)

名古屋観光特使として北海道の方々に名古屋のおすすめスポットを教えて下さい!

ゆずき:
大須ですね!

ちゆ:
うん!大須商店街!札幌にもある狸小路みたいな商店街なんですけど、食べ歩きもでき、ショッピングもでき!みたいなところなんです!

ゆずき:
本当に飽きない場所なんで名古屋に来た際は立ち寄って貰いたいですね!

お二人は今年の春に高校を卒業されましたが、卒業を期にチャレンジしたいこと等はありますか?

ゆずき:
私、出来ない事が多いんです。特に恐がりを治す事にチャレンジしたいです。お風呂も一人で入れないくらい恐がりなので、ツアーなどで地方に行くときは、メンバーの部屋のお風呂に入ってお礼にお菓子を置いてくるとかしてます!周りの人に迷惑を掛けちゃうので怖がりを治して、いつでも、どこでも一人でお風呂に入れるようになりたいです(笑)

ちゆ:
私は料理ですね!今はいつもお母さんがいるので料理の手伝いとかはするんですけど、今年は自分1人で作れるようになりたいです!次の年末年始にはお母さんの代わりに、おせち料理を作れるくらいになりたいです!(笑)

「大黒柚姫」はどんな人か千由李ちゃんから紹介して下さい!

ちゆ:
柚姫は、見た目は綺麗で!しゃちほこの綺麗担当!って感じなんですけど、しゃべるとポンコツ!でもそのギャップが癖になるんです(笑)

「伊藤千由李」はどんな人か柚姫ちゃんから紹介して下さい!

ゆずき:
ちゆは、メンバーで一番の努力家ですね!本当に人の見てないとこでもいつも努力していて!推せます!そしてさらに童顔!(笑)

最後に北海道のファンにメッセージをお願いします!

ちゆ:
北海道は凄いデッカくて、食べ物も美味しくて、大好きなところなんで、もっと北海道の方と仲良くなりたいのでライブとかで会える機会がある時には是非来て貰いたいなって思います!

ゆずき:
名古屋と北海道は凄く遠い場所なので、まだ、チームしゃちほこを知らない人も多いと思うので、これからは北海道にたくさん来て、いつかチームしゃちほこが姉妹都市に出来たらな!って思っているのでこれからも応援お願いします!
GET'S
QRコード
QRコード
ギャラリー
  • GET'S・ARTIST PICK UP No.57〜熊木杏里さん〜
  • GET'S・ARTIST PICK UP No.57〜熊木杏里さん〜
  • GET'S・ARTIST PICK UP No.57〜熊木杏里さん〜
  • GET'S・ARTIST PICK UP No.56〜8utterflyさん〜
  • GET'S・ARTIST PICK UP No.56〜8utterflyさん〜
  • GET'S・ARTIST PICK UP No.55〜テツandトモさん〜
  • GET'S・ARTIST PICK UP No.54〜島爺さん〜
  • GET'S・ARTIST PICK UP No.54〜島爺さん〜
  • GET'S・ARTIST PICK UP No.54〜島爺さん〜
Twitter プロフィール
通称「ゲッツの中の人」による、ちょいつぶやき頻度少なめな公式アカウントです。オタク話が多めです。
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ