GET'S・ARTIST PICK UP No.73〜鍵盤男子〜

【2019年1月7日発行:GET'S 103号掲載】

a103


舞台「海の上のピアニスト」(2018年12月公演)お疲れさまでした!いつものライブとは違う『舞台の上』での音楽を奏でられた・音楽監督をつとめられたことによる、お気持ちの動きみたいなものがありましたら教えてください!

中村:大井健、元宝塚星組トップスター北翔海莉さん、劇団新派の喜多村緑郎さんによる「ピアノ×宝塚×演劇」という夢の共演に、楽曲を制作する時から期待に満ち溢れていました。名作映画「海の上のピアニスト」がすでに存在し、越えなくてはいけない壁はいくつもありましたが、3人の素晴らしい演者により、見事に乗り越えられた舞台であったと思います。自分の書いた曲を弾く大井の演奏に泣かされ私はとても幸せでした(ポッ)。そして札幌でも公演したいと強く思いました。

大井:最初にマネージャーさんから「センジョウのピアニスト」の舞台に興味はあるかと持ちかけられ、二つ返事をしたのち台本が届くと「海の上のピアニスト」でした笑。「戦場の〜」も「海の上の〜」もどちらも大好きな作品ですからどちらでも嬉しかったですよ。さらに今年のソロツアーで弾いていましたから不思議な縁を感じました。作曲家には勿論、相方を推薦!ですから正に鍵盤男子で作った音楽舞台といえますね。
宝塚、歌舞伎、ピアニストという三者三様のプロが集う稀有な舞台で、稽古から非常に刺激的でした。同時に共通点も沢山見つかったり。素晴らしいお二人と同じ舞台に立ったという自信が一番の財産です。もう怖いものはありません。

2018年はライブでとにかく飛び回っておられた鍵盤男子のお二人でしたが、数あるライブの中で特に印象に残っているエピソード(あるいはハプニング)などがありましたら、お聞かせください。

中村:一番の思い出は、札幌hitaruでのイベントコンサートからの札幌Kitara大ホール公演のはしごです。どちらとも大入公演、「イチモニ!」でオクラホマ藤尾さんとの共演もありとても楽しかったです。きっとツアー前期札幌公演日の夜、すすきので思いきり足をくじき、翌日車椅子でホテルの朝食を食べたという苦い経験が、かわいそうにと、この素晴らしいご縁を呼んでくれたのかもしれません。

大井:生まれて初めて野外フェスに出させてもらったときのことです。フェスはロックの聖地、クラシック系アーティストの出る幕はないと思っていたので、それはもう生卵を投げ付けられる覚悟で出演しましたよ。僕らの前はDJ、後にはラッパー、締めは漫才!決死の形相でラヴェルの「ボレロ」を弾きだしたんです。すると最初は斜に構えていたオーディエンスが、徐々にリズムに乗り出し、最後には「ウォー!!」と大盛り上がり。嬉しくて涙が出ました。音楽にジャンルの垣根はないんです。この経験は忘れません。アーティストとオーディエンスは音楽で分かり合えるんです。ちなみにその夜は夜更けまでDJさんと踊り明かしましたよ。

2018年は札幌でも素晴らしいライブを奏でていただけて、嬉しかったです。鍵盤男子のお二人が思う、札幌の魅力とは何でしょうか?

中村:鹿児島出身の私にとってはまず「寒い、積雪、美しく鋭い空気、美味しい食べ物」、そして「暖かい人々、熱い歓声」です。札幌の物件情報をチェックするほど札幌大好きです。

大井:都会と自然が美しく融合しているところです。普段は東京に住んでいるのですが、札幌は都会の真ん中でも本当に空気が綺麗。大通り沿いの公園のベンチで読書したり、大好きなラーメン屋やジンギスカンのお店に行ったり。行きたいこと、したいことが多すぎていつも時間が足りないんです。少し車や電車に乗れば大自然を楽しめる大都会なんて、僕が知る限り札幌だけです。

『未来型アーティスト』鍵盤男子の2019年の目標・抱負・密かな野望などがありましたら、是非お聞かせください!

中村:2019年は「さらに」や「もっと」といった進化はもちろん、新しい様々な手法によって「視覚・嗅覚・触覚」を揺さ振るような音楽を展開していきます。
そして密やかな野望は、密やかに遂行いたしますのでお楽しみに!

大井:個人的には来年も沢山の音楽を聴くこと。リスナーの視点は大事だと思います。もともと超クラシックオタクな自分ですが、来年はジャンルを問わない真の音楽オタクになるつもりです。
あとは、アコースティックピアノに拘らずあらゆる鍵盤を弾いてみたい。シンセもチェンバロも鍵盤楽器ですからね。その名の通り、「鍵盤男子」な一年にします!

次の北海道ライブを心待ちにしている『鍵盤同士』に、熱いメッセージをお願い致します!

中村:北海道の皆さま!!2018年ご一緒できてとても楽しかったです!2019年も一緒にワイワイ盛り上がり、新しい感覚を共有しましょう!新しい鍵盤男子をお楽しみに!!

大井:鍵盤男子を応援していただきありがとうございます!みなさんの声、沢山届いてます。期待したくなるようなユニットであり続けるよう、爆進します!コンサート会場で思い切り歌って踊って、ストレス発散しに来てください!

GET'S・ARTIST PICK UP No.72〜The Winking Owl〜

【2018年12月7日発行:GET'S 102号掲載】

a102

ルーマニアと日本のハーフのボーカリストLuizaと、US夏の祭典Warped Tourに出演経験があるギタリストYomaを中心として、2010年群馬県高崎市にて結成したエモ / ポスト・ハードコア通過型エモーショナル・ロックの新星バンド。
フレッシュな疾走感と浮遊感を両立させたドリーミーかつパワフルなサウンド、さらにプログラミングを挿入することにより、抜群のセンスとオリジナリティを確立。
今まさに花開く、ブレイク必至! 欧米とアジアのDNAが交わる、ピュアで神秘的なその"ハイブリッドかつ独自な世界観"と"普遍性を兼ね備えた確固たる楽曲の力"で今後シーンに新たな風を吹き込む存在として要注目!

2018.11.07 Release
Now On Sale

The Winking Owl_Try_S

Try

WPCL-12977
¥1,200(税込)

M1. Try
M2. Night&Day
M3. Dream Sailor


11月7日にリリースされたニューシングル『Try』の、「ここに注目してほしい!」というポイントをお聞かせください。

3曲それぞれ違った表情があり新しいことに挑戦しながらも自分たちらしさもしっかり出せた作品になったと思ってます!
歌のメロディを大事にしながらも細かいギターフレーズやアレンジ面にもこだわったのでその辺りも注目して聴いてほしいです。

The Winking Owlというバンド名の由来は、何でしょうか?

僕がふくろうが好きでつけました(笑)結成当時にバンド名を考えていたときその時持っていたTシャツにウインクしているふくろうが描いてあってこれにしよう!っていうことで決まりました。

「君の中で眠ってる野心を形に」させてくれる曲である『Try』を歌われている、The Winking Owlの皆さんご自身の「眠ってる野心」は何ですか?

自分たちにしか出せないサウンドをもっと追求して自分たちにもリスナーにとっても新鮮でかっこいい音楽を常に届けていきたいです。

The Winking Owlとしては2016年にJOIN ALIVEの出演で北海道にいらっしゃったのが「初北海道」でしょうか?そのときの率直な感想を聞かせてください。

JOIN ALIVE最高に楽しかったです! 北海道のフェスは初めてで他のフェスとは言葉で表すのは難しいけど違う雰囲気がありました、北海道のお客さんも暖かく迎えてくれて嬉しかったです。また戻ってきたいです!

次に北海道にいらっしゃる機会があるならば、何をしたいですか?食べたいものや行きたい場所などがありましたら教えてください!

海鮮が大好きなので北海道に行くときはすごくテンションが上がります!
特にウニが大好きなのでウニをいっぱい食べたいです(笑)

2018年ももうすぐ終わり…2018年にやり残してしまったこと、2019年の目標あるいは野望を教えてください。

Tryをリリースできたので2019年はこの作品と一緒にThe Winking Owlをもっと広められるように精力的に活動していきたいです。
あと2019年は部屋の片付けをめんどくさがらずにすぐできるようになりたいです(笑)

北海道のThe Winking Owlファンの皆さんに、メッセージをお願いします!

北海道のみなさん、いつも応援ありがとうございます!!
北海道に来てくださいっていうメッセージもけっこういただいてすごく嬉しいです、2019年は絶対行けるようにするのでまたライブで会いましょう!

GET'S・ARTIST PICK UP No.71〜Sonar Pocket〜

【2018年11月7日発行:GET'S 101号掲載】

a101

2008年シングル「Promise」にてメジャーデビューしてから10年。
記念すべき2018年、10月20日埼玉・三郷市文化会館 大ホールを皮切りに、全国ツアー flowerをスタートさせたSonar Pocket。
10月10日には2年半ぶりのオリジナルアルバム『flower』をリリース。
「flower」という言葉に込めた想い、「笑顔の連鎖」というキーワード…
ツアー直前の2018年10月2日、GET’S編集局は、ko-daiさんへの取材を敢行した。


ーSonar Pocketは今年でデビュー10周年ですね。おめでとうございます。この記念すべき年の10月10日にアルバム『flower』が発売になりましたが、…やはり、10つながりで、狙いましたか?

そうですね(笑)

ー『flower』という名前のアルバムタイトル、そのアルバムのラストに収録されている表題曲「flower」、先に出来たのはどちらでしたか?

実は今年のはじめに「秋から始まる全国ツアー」に関してスタッフとミーティングがあって、そのツアーのタイトルを決めようというときに(ツアータイトルを)flowerと名付けまして。そのライブツアーの中で「flower」という曲を披露したい、という思いで作り始めたのが最初です。ツアーのタイトルが(先に)あって、アルバムも『flower』になりました。

ーどのような思いを込めて『flower』という言葉を選ばれたのでしょうか?

僕らSonar Pocketもメジャーデビューから10年やってきた中で、本当にその(10年分の)感謝の気持ちというものを持って「たくさんの人に笑顔の花を咲かせたい」という思いがありました。今まで発表して来たそれぞれの楽曲に、聞く人のそれぞれの思い出が紐づいて、それらが花を咲かせてほしいな…と思って。花も色々な…トゲがある花だったり、儚い花だったり、暗かったり明るかったり、綺麗だったり可愛かったり。それぞれの花があるように、僕らSonar Pocketの音楽にも、そういった花と同じように色々な楽曲があるので、それを花束として皆様に届けたいと思ってflowerになりました。

ーflower”s”(複数形)ではなくflowerという単体を指しているというのは、「flower」の歌詞を見ていくと「たったひとりの大事な人」を指して、「あなたが花です」と言っているように感じました。

そうですね。その、『ひとりひとりの連続』がたくさんの『ひと』になっていきますから。
ひとりに届けられないと、多分、多くの人に届かない。これをラブソングとして歌ったときに(複数形だと)めちゃくちゃ浮気する人になっちゃう(笑)『ひとりのひと』というか『支えてくれる人』なので「それがあなたです」と手紙のように書きたかった曲なので、『あなたたち』ではなく、今耳元で聞いている『あなた』に届けたいと思っての(”s”のつかない)「flower」です。

ー花束のように色々な楽曲があるというお話から…このアルバムに収録されている曲群ですと『恋』と『応援』の二極のように感じました。楽曲を作るにあたり、どちらの『振り幅』の方が得意でしょうか?

そうですね…ラグビーワールドカップに向けて書いた曲もありますし、ドラマに向けて書いた曲もありますので、どちらが得意というのは一概には言えないんですが…個人的にはラブソングを歌うのが好きなので、ラブソングの方が書きやすい…かもしれませんね。

ー『応援』も、大きく言えば『ラブ』ソングかもしれませんね。

ただ熱さがちょっと変わってくるので。ラブソングに聞こえる応援歌もありますが…LikeとLoveを表現できたら良いかなと思います。

ー今まであったライブで、忘れられないインパクトのあるお話はありますか?

2年くらい前のツアーでの出来事だったかな?ライブ中に『DJ ko-chan』というキャラクターが、ホールの客席とステージとの間で行う質問コーナーをやりました。
その掛け合いの中で、ひとりの男性に「プロポーズどうやってするんですか」って質問されまして。「『結婚してください』でいいんじゃないの?…なんで?」って答えたら、男性のとなりにいた女性が「彼氏がプロポーズしてくれないんです」って。「え、じゃあ…カレ、今みんなの前でプロポーズする?」って聞いたら、男性が黙ったので、「二人のときに(プロポーズ)してね」って言ったら、男性が「…します!」って返事してくれました。「『結婚してください』ってシンプルなのがいい」って言ったら、同じように「結婚してください」って、男性が女性に言ったんです。それで会場中がものすごい暖かい拍手に包まれるっていうことがありました。そしてふたり、結婚しました。後日ラジオにお便りで報告してくれたんです。

ー質問はあらかじめ「誰に当てる」とかは…?

もちろん決まってないです。完全に巡り合わせで、(プロポーズの)彼氏彼女も、自分が当てられるとは思ってなかったでしょうね。

ーこれもまた、Sonar Pocketの皆さんの曲が引き寄せた『縁』な気がします。誰かに対して化学反応を起こすんですね。

(自分たちの楽曲は)受け手によって変えてもらって構わないです。
「僕らは常に音楽を届ける。人に、誰かに、(楽曲を)ギフトしてほしい」と思っているので、自分でしっかり届けたいという気持ちがあります。それを受け取った人が、また「誰かに届けたい」と思ってくれたら幸せです。

ー2019年3月3日にツアーで札幌にいらっしゃるのを心待ちにしているであろう北海道のソナサポの皆さんに、メッセージをお願いします!

今回のツアーはflowerと題しているので、『笑顔の連鎖』という言葉を軸に、活動してきています。しっかりと10周年の感謝の気持ちというものを持って、北海道に笑顔の花を咲かせにきますので、楽しむ心とチケットだけを持って、遊びに来てください。Sonar Pocket流エンターテイメントで、あなたをお待ちしています。皆さんの笑顔を僕らももらって、僕らも笑顔になれたりします。点と点を結んで、笑顔の花束にしていければ…と、願っています。
GET'S

フリーペーパーGET'S札幌版

北海道は札幌で地域に密着したフリーペーパーを発行している「GET'S」と申します。ショップ・イベント・アミューズメントなどをたくさん皆様にお届けできたら…と頑張り中です☆「GET'S」は毎月7日発行。札幌市内や近郊都市の設置店様にて配布しております。見かけたら是非お手に取ってご覧くださいませ!

QRコード
QRコード
ギャラリー
  • GET'S・ARTIST PICK UP No.73〜鍵盤男子〜
  • GET'S・ARTIST PICK UP No.72〜The Winking Owl〜
  • GET'S・ARTIST PICK UP No.72〜The Winking Owl〜
  • GET'S・ARTIST PICK UP No.71〜Sonar Pocket〜
  • GET'S・ARTIST PICK UP No.70〜COLOR CREATION〜
  • GET'S・ARTIST PICK UP No.69〜藤澤ノリマサさん〜
  • GET'S・ARTIST PICK UP No.69〜藤澤ノリマサさん〜
  • GET'S・ARTIST PICK UP No.69〜藤澤ノリマサさん〜
  • GET'S・ARTIST PICK UP No.68〜a crowd of rebellion〜
Twitter プロフィール
通称「ゲッツの中の人」による、ちょいつぶやき頻度少なめな公式アカウントです。オタク話が多めです。
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ