GET'S・ARTIST PICK UP No.69〜藤澤ノリマサさん〜

【2018年9月7日発行:GET'S 99号掲載】

a99

2018.09.05 Release
ポップオペラ名曲アルバム

初回盤WPCL12920
【初回限定盤】 三方背BOX仕様(2枚組CD+フォト・ブックレット)
WPCL-12920/21 ¥5,000(本体)+税

通常盤WPCL12922
【通常盤】 
WPCL-12922 ¥3,000(本体)+税

【DISC 1(通常盤共通)】ポップオペラ名曲アルバム(全12曲収録)
1. 瑠璃色の地球(オリジナル:松田聖子さん[1986年])
2. ワインレッドの心(オリジナル:安全地帯さん[1983年])
3. ルビーの指環(オリジナル:寺尾聰さん[1981年])
4. 時の流れに身をまかせ(オリジナル:テレサ・テンさん[1986年])
5. I LOVE YOU(オリジナル:尾崎豊さん[1983年])
6. 勝手にしやがれ(オリジナル:沢田研二さん[1977年])
7. シルエット・ロマンス(オリジナル:大橋純子さん[1981年])
8. また逢う日まで(オリジナル:尾崎紀世彦さん[1971年])
9. for you...(オリジナル:高橋真梨子さん[1982年])
10. 駅(オリジナル:竹内まりやさん[1986年])
11. 糸(オリジナル:中島みゆきさん[1992年])
12. 川の流れのように(オリジナル:美空ひばりさん[1989年])

【初回限定盤のDISC2】
セルフ・カヴァー4曲(ピアノ弾き語り)&新曲
1.「未来への道」(ピアノ弾き語り)
2. Domani~明日をつかまえて~(ピアノ弾き語り)
3. 希望の歌~交響曲第九番~(ピアノ弾き語り)
4. Stay forever~あなたを守りたい(ピアノ弾き語り)
5. AVANTI -La vita è bella-【新曲】 

カヴァーアルバム「ポップオペラ名曲アルバム」リリースおめでとうございます。ご自身が影響を受けられた曲をカバーされているとのことですが、特に忘れられない想い出のある「1曲」を選ばれるとしたら、どれになりますか?

今回のアルバムは1970年から1980年代の名曲をカバーさせていただきましたが、ここから更に1曲を選ぶのは難しいですね。
僕の両親の影響で歌謡曲は昔から大好きで、いつも実家ではクラシックやシャンソン、歌謡曲や演歌と様々なジャンルを超えた音楽を聴いていました。
母も元々は歌を歌っていたので、カラオケ大会の全国大会で優勝したりと、母の背中を見て育ちました。
そんな母のすすめもあり、小学生の時に地元のカラオケ大会で高橋真梨子さんの「for you...」やテレサ・テンさんの「時の流れに身をまかせ」を歌っていました。
変声期前だったので、ご本人と同じキーで歌っていました。

どの収録曲も原曲の輪郭を崩していないのに「藤澤ノリマサ節」が活きた素晴らしいものばかりでしたが、特に「勝手にしやがれ」のポップオペラとの親和性に驚きました。
その「勝手にしやがれ」を、藤澤さんが生まれて初めてお聴きになったときの率直な感想をお聞かせ下さい。

そうですね、今はほとんどのカラオケ屋さんが通信カラオケになっていると思いますが、昔はレーザーディスクでそのカラオケ機器が実家にあり、親戚がよく忘年会や新年会などで「勝手にしやがれ」を歌っていたのを聴いていました。
「ポップオペラ名曲アルバム」を作るきっかけがなかったら、自ら歌わなかった楽曲の1曲かもしれません。

平成最後の夏…も、もうすぐ終わってしまいます。まだまだ諦めていない夏の野望がありましたら教えてください!

僕はデビューが2008年4月30日で、今年がちょうど10周年イヤーなんです。
平成という1つの時代が終わって行くのはなんか感慨深いですね。
来年の4月30日までが10周年で、なんと平成もその4月30日までなんて!
こんな偶然ってありますか??来年のデビュー日に何かやりたいです!!
あっ、夏の野望か(笑)

2018年夏バージョン・藤澤さんのマイブームを教えて下さい!

僕が影響を受けたセリーヌ・ディオンが6月に10年ぶりに来日しました。今だにまだ余韻にひたっています。
セリーヌ以外でのマイブームは家で映画を見ること!最近見放題のサービスに加入しました。

この雑誌が発行されるのは9月ですが、きっとまだまだ暑い…かもしれませんので、気持ちだけでも涼しく。お好きなかき氷の味は何ですか?昔から好きなお味でも、ここ最近出て来た新しい味でも、何でも結構です!

かき氷はイチゴ味が好きです。
あとは下にバニラアイスが入ってると、さらに最高ですね。
子供の時はいくらでも食べれましたが、いまは頭が痛くなります (笑)

GET'Sを手に取られた「ノリくん」ファンの皆様に、メッセージをお願い致します!

僕、藤澤ノリマサ初のカヴァー・アルバム「ポップオペラ名曲アルバム」が発売になります。
とても思い入れのあるアルバムの1枚になりました。
沢山の方に聴いていただけたら幸いです。
武部聡志さんのピアノが、さらに僕の歌をひきたたせてくれています。
ぜひチェックしてみてください。

GET'S・ARTIST PICK UP No.68〜a crowd of rebellion〜

【2018年8月7日発行:GET'S 98号掲載】

a98


3rdフルアルバム「Ill」はバンド史上最もダークなフルアルバムとのことですが、アルバム収録全12曲のうち特にダークに仕上がったと思う曲は何でしょうか?

ダークと言っても色んなベクトルのダークが詰まっているので全曲内包してる物はとてつもなくダークダークしてます。「憎しみによるダーク」な曲は個人的にRaccoon Deadです笑
他も完璧にダークかつリード曲レベルに仕上がってるのでお聞き漏らしないようお願い致します。

メジャーデビューから3年、そして結成から10年を迎えた2018年も半分以上が過ぎましたが、率直にどんな感情が強いですか?

楽しいです。忙しく過ごさせて頂いてますけど、なんか分からないですけど、今はなんでも本気で笑えるし、なんでも本気で泣けます。たくさん辛いことも悩みもありますけど。

メモリアルイヤーである2018年に何が何でも達成するぞ!という目標があれば教えてください。

自分のやらせてもらってるパート全てに於いての向上です。今年の暮れくらいにはすっげえかっこいいヤツになりたいです。今より圧倒的にかっこよく!(腹筋そろそろ浮き出てこないかなあ)

すっかり夏も真っ盛りな季節ですが、今年の夏のお楽しみは何でしょうか?

おいしいお酒を沢山飲む!です!笑

2019年2月にワンマンライブで札幌にもいらっしゃるご予定ですが、真冬の札幌で楽しみにしていることがあれば教えてください。逆に、恐れているものがあれば、それも教えて頂けると……

この前先輩から教えてもらったご飯屋さんに行ってみたいなあ。旧HTBの裏の公園の坂で全力疾走するのも楽しみだし、ガラナ飲むのも楽しみです。あとすごいでかい氷柱を持つのも楽しみです!
恐れてるのは路面の凍結で転ぶ事です!いたい!

来年のワンマンまで待てない!というa crowd of rebellionファンの皆様に、エールメッセージをお願いします!

確実にめちゃくちゃかっこよくなってるa crowd of rebellionに来年のワンマンは会えると思います。約束します。Illというアルバムを聴いて色んな事を考えて、自分なりにこういうアルバムなんだって解釈をして待っててくれたら嬉しいです。待てなかったらいつでもどこでも会いに来てくださいね!いつでもどこでも待ってます!

GET'S・ARTIST PICK UP No.67〜島爺さん〜

【2018年7月7日発行:GET'S 97号掲載】

a97


ライブ大変お疲れさまでした!
ライブMCで仰ってた最新作「ゴマウェイ」に関しての「デモの時点でふざけたものが届いたので、このまま仕上げてしまってはいけないと思い、更にふざけを重ねた」というコメントがとても気になりまして。
『ゴマウェイ』は明るくてノリが良くて元気になれるパワーがあるなぁと思ってたので、正直ふざけてると仰ってたのはどこの部分だったのかなぁ…と(笑)

部分で言うと…ラップパートが終わった後、ギターソロと一緒に歌ってる感じのところのスキャット部分の後ろ側のコーラスで、何か、わちゃわちゃやってるんですよ。目立って聴こえるわけではない部分なので、なかなかよく聴かないと(わからないかも)。

むしろ1回聴いただけじゃなくて、何回も何回も聴いていくうちに楽しい箇所がいっぱい「あれもあった、これもあった!」みたいにどんどん見つかる、味の濃いスルメみたいな発見のある感じなんですね!

そうですね(笑)今回『ゴマウェイ』を作って頂いたナナホシ管弦楽団さんの作る曲は、結構ボーカルパートが多いんですよ。メインボーカルだけじゃなくて、コーラスも三重にも四重にも入ってたりするし、そういう感じで聴き所が結構深いんですよね。

聴けば聴くほど、リピートして楽しい歌、ということですね〜!それでは、ここからは予めツイッターで募集しておりました質問に移りたいと思います!


これ…難しいんですけど、まぁでも、『ブリキノダンス』ですかねぇ。
『ブリキノダンス』は、自分がレコーディングしているときも、歌ってて今までの曲にはない楽しさがあって。
自分でミックス作業してる時も、もう出来てるパートと出来てないパートが別々にある状態で、出来てるパートはもう聴かなくてもいいのに毎回最初から聴き戻して(笑)何回も聴いちゃうっていうのをずっとしてて、なかなかアップロードできなかった〜みたいなことがあったりとか。それで再生数がめっちゃ伸びたりとかもしましたし、自分ではそこまで意識はしてなかったんですけど、「(雰囲気が)合ってる」っていうのはそういうことなのかなーと感じます。
「歌詞」の意味ですごく僕っぽいなーと思うのは、これもナナホシ管弦楽団さんの作品で「MISTAKE」っていう曲ですね。あのへんの曲は結構こう、突き上げてくるものがあります(腕を突き上げながら)。

基本的に「歌って『みる』」わけですから、フィーリングの合わないものは「歌う」選択肢に入らない…ですか?

そうですね、「良い曲だ」と思ったら僕は歌うんですけど、その歌詞の内容が個人的な僕のベクトルと違うものでも、曲として良かったら僕は歌うので、そこは一概にそうとも言えないですね(笑)

いつも味噌汁食べてるけど、たまにはスープカレーも食べてみたいなとかそういう感じですか?(笑)

そうそう、そんな感じです(笑)


今、結構いろいろ夢が叶って来たので…今度掲げてる夢が、『駄菓子屋兼ライブハウス』!ライブを駄菓子食べながら見るみたいな感じの店をつくって、そこのオーナーになる…っていう。

昔の紙芝居のライブバージョンみたいな感じですか?

そんな感じですね。ライブバーとか、結構ちっちゃい規模の。で、そこで僕自身も出演して、ずっと歌って、一生を終えると(笑)それができたら幸せだなーと思います。

それは楽しい!今すぐ、というよりも、後々…といった感じでしょうか?

そうですね。今、なんとかアーティスト業をさせていただいているので、これでちょっとずつ貯金して(笑)そんなんができたら良いかな〜と思ってます。

では最後に、北海道のお孫さんに向けてのひとことをお願いします!

昨年も今回も、北海道の皆さんには暖かく受け入れて下さって…北海道って修学旅行で1回来ただけのノリなのに、なんとなく縁がある土地なんだろうな〜と思います。色々な大人の都合で決まって行くことより、なんとなくこう、「いつの間にかこうなってた」ことの方が大事なのかなと。ライブじゃなくてもプライベートの旅行でも来たいなと思っておりますので、その際はよろしくお願いします。食いもんもうまいですしね(笑)ジャガイモに塩辛がほんまにやばいっす。あれを全国区にしたいくらいペロリと行ってしまいました(笑)
GET'S

フリーペーパーGET'S札幌版

北海道は札幌で地域に密着したフリーペーパーを発行している「GET'S」と申します。ショップ・イベント・アミューズメントなどをたくさん皆様にお届けできたら…と頑張り中です☆「GET'S」は毎月7日発行。札幌市内や近郊都市の設置店様にて配布しております。見かけたら是非お手に取ってご覧くださいませ!

QRコード
QRコード
ギャラリー
  • GET'S・ARTIST PICK UP No.69〜藤澤ノリマサさん〜
  • GET'S・ARTIST PICK UP No.69〜藤澤ノリマサさん〜
  • GET'S・ARTIST PICK UP No.69〜藤澤ノリマサさん〜
  • GET'S・ARTIST PICK UP No.68〜a crowd of rebellion〜
  • GET'S・ARTIST PICK UP No.67〜島爺さん〜
  • GET'S・ARTIST PICK UP No.66〜尾崎由香さん〜
  • GET'S・ARTIST PICK UP No.66〜尾崎由香さん〜
  • GET'S・ARTIST PICK UP No.66〜尾崎由香さん〜
  • HOKKAIDO ARTIST INTERVIEW〜NaNa☆さん〜vol.2
Twitter プロフィール
通称「ゲッツの中の人」による、ちょいつぶやき頻度少なめな公式アカウントです。オタク話が多めです。
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ